【採用企業様インタビュー】『Functional南青山』佐藤さん

2018年12月08日

今年オープンしたパーソナルジム、Functional南青山様に2ndPASS5期卒業生である船田さんが入社しました。

今日は代表でいらっしゃる佐藤さんに店舗のことや今後のトレーナー業界で求められる人材像について赤裸々にお話いただきました。

 

-この度は店舗オープン本当におめでとうございます。なぜこの南青山という土地を選ばれたのですか?

オシャレじゃないですか?(笑)オシャレな場所が好きで南青山を選びました。

あとは障がいを持っている方がトレーニングするのに適した場所として、「駅チカ」、「駅にエレベーターがある」、「坂がない」、「一階」、それと「オシャレな場所!」ってことですね。

-私も今日こちらにお伺いするのが楽しかったです。こんなにオシャレなところに普段は来ないので…きっとお客さんも、来る時も帰る時もハッピーになれそうですね。

はい。そういう気分になって頂けることも一つの目的でもあります。

-店舗に訪れるお客様のニーズは健康維持が多いですか?

そうですね。先ほどもあげましたが障がいのある方がトレーニングできる場所をと思っておりました。当初はそんなに多くないかなと思っていましたが、予想以上に多くのお客様にご利用いただいています。ですので、お客様層は若年層よりは、中高年向けの小規模バリアフリージムという感じです。ニーズはダイエットというよりは健康維持ニーズの方が多いですね。「ずっと健康でいられるように」を目的にされる方が多いですし、そのサポートができればと思います。健康ニーズが高いからか、長いお客様だともう10年程のお付き合いになる方もいらっしゃいます。

-10年ですか!?すごいですね!家族並みのお付き合いですね!

そうですね。実は新店舗オープンの内装作りも手伝ってくださいました。そのくらいお客様との信頼関係は強いですね。

-お客様との信頼関係がとても大切なのですね。店舗ではどのような研修をされているのでしょうか?

今はまずストレッチ研修ですね。やはり一人ひとり身体の状態は違いますので触り慣れていく目的で研修をしています。2ndPASSに行っていただけあり、勉強意欲が強いところやフィットネス事業が好きだというところはブレないので、今後もしっかりと楽しみながら勉強して欲しいです。

-確かに意欲的な生徒がとても多いですね。最後に、佐藤さんから見てパーソナルトレーナーには今後、どんな能力が求められるでしょうか?

「お客様が言わない要望に気づく能力」ですかね。お客様が言わないけれどやって欲しいなと思っている要望に気づく、気配りの仕方が大切になるかと思います。あとは、知識と技術を結びつけるトークが大切になるかと思います。接客業ですのでトークができないと、車は持っているけれど免許証がなくて運転ができないのと同じようなものです。そういった面でもどんどん現場経験を積み、船田くんには今後エースになってもらいたいですね!

 

編集後記

自身のスキルアップのために知識や技術を学び続ける姿勢の重要性、お客様一人ひとりのニーズにあったサービスを提供できるように信頼関係を築くことの大切さを感じました。

私がお伺いした時に丁度、佐藤さんと船田さんがお客様対応をされていました。「今日も頑張りましたね!すごいですよ!」とお声がけをしている姿、トレーニング後のお客様の顔もとても明るく「またお願いします!」と帰って行かれる姿、両者を拝見しとてもアットホームでお客様に寄り添うことを大切にされているのだなと感じました。

知識と技術、そしてなによりもお客様を思いやる気持ちが大切だと改めて痛感しました。