【採用企業様インタビュー】株式会社navis 代表取締役 山田様

2019年10月05日

大阪心斎橋に店舗を構えるパーソナルジム『navis』様。今回、運営企業である株式会社navis 代表取締役の山田様にお時間を頂戴し、インタビューさせていただきました!

 

喜屋武さんを選んだのは、直感です。

◆navis様は、どのようなコンセプトで運営されていらっしゃいますか?

私たちのジムのコンセプトは『美尻・美脚』です。

初めはダイエットやボディメイクを主に行っていましたが、少しずつ変化してきて、今の『美尻・美脚』が主になっています。

ですが、全員が女性の会員様ではなく、3割ほどは男性のお客様もいらっしゃいます。

 

◆そのような特徴をお持ちですが、喜屋武さんを採用されたのは何故でしょうか?

喜屋武さんは最初にインターンとして採用し、その後正社員として採用させて頂きました。

2ndPASSが開催している就職交流会(※トレーナーズドラフト)で、色々な卒業生の方とお会いしました。その中で喜屋武さんを選んだのは、理由というか、正直に言うと直感です(笑)

当時は明確な理由がなく、会ったときにnavisの雰囲気に一番合っていると感じました。

その後、インターンを3ヶ月ほど経験してもらい、アルバイト採用から正社員になって頂きました。

これからはハイレベルなトレーナー・ジムでないと生き残れない時代

 

◆なるほど(笑)実際に喜屋武さんは現場でどのように活躍していますか?

印象としては大阪にはあまりない『沖縄 』の雰囲気がありますね(笑)

それが他のトレーナーとまた違った個性になっていると思います。

また、喜屋武さん自身もトレーニングを実践していることがとてもいい印象をお客様に与えていますね。真剣な姿勢や真面目な立ち振る舞いはお客様にとてもいい影響を与えますので、お客様が入会を決めて頂く1つのポイントになっていると思います。

業界未経験でしたが、しっかりと人財として教育されています。

 

◆ありがとうございます。今後、トレーナーとして求められることや、業界の今後についてどのようにお考えですか?

パーソナルトレーニング業界は行き過ぎと言えるくらいの盛り上がりを見せていましたが、最近は少し落ち着きを見せている印象です。

東京でもそうだったように、大阪でもジム同士の価格の競争が始まっていますが、これからは、価格競争ではなくより本格的なクオリティの高いジムがお客様に選ばれると考えています。

『痩せる』や、『安い』ではなく、コミュニケーションスキルやトレーナーとしてのスキルが何よりも求められていくと思います。

今からトレーナーを目指す人たちは、そういったレベルの高い業界になっていくことを分かった上で、まずレベルの高い勉強を始め、そこから自分の強み、特徴を伸ばしていくことが大切だと伝えたいです。