【卒業生の声】伊藤淳一郎さん 東京校4期生

2019年12月01日

東京校4期卒業生の伊藤淳一郎さん。ご卒業から1年半が経ち、現在は埼玉県内のパーソナルジムにて業務委託、個人でもフリーランスでパーソナルトレーナーの活動をしています。

今回は大変お忙しい中お時間を頂き、トレーナーになるまでの経緯や現場に出てからのことなどについて、お話を伺いました!

漫画家志望→いつの間にかパーソナルトレーナーに

■伊藤さんがご卒業されたのは去年の6月でしたよね?

そうですね。卒業してから1年半が経ちます。気が付いたらあっという間でした。

今回このインタビューも今更呼ばれるとは思ってなかったです(笑)それだけ経った今でもこうして呼んで頂けるのはありがたいです。

■伊藤さんのご活躍はSNSでも拝見させていただいています。トレーナーの有益な情報をとてもユニークな絵をかいて投稿をされていますよね(笑)

はい(笑)

もともとパーソナルトレーナーを目指す前は漫画家を目指して上京しました。今でも絵はよく書いているんですよ。

■だから絵も上手ですし面白いんですね。なぜ漫画家からパーソナルトレーナーをめざすようになったんですか?

もともと漫画のネタにもなるだろうと思い、フリーターの頃は様々なバイトを経験して、同じ系統のバイトはしないようにしていました。

ですが、気が付いたらそのバイトもただのお金を稼ぐ手段としか見れなくなってしまっていた自分がいて、これはまずいなって思っているときにテレビで2ndPASSを見ました。

トレーナーはトレーナーでもパーソナルトレーナーって何だろう?と思い、すごく興味が湧きましたし、もともと教えることは好きで。

気が付いたら2ndPASSに入って、パーソナルトレーナーになってましたね(笑)

目指すは『自分』というブランドの確立

実際に入学してから卒業まではどうでしたか?

2ndPASSでも最初は解剖学や運動生理学などの勉強をかなり濃厚にやります。

慣れないうちは初めての単語が多すぎて、何とかかみ砕けないかということで絵で描いてみたりして勉強していました。

難しいとはいえ、全て理屈を通して説明してくれるから本当にわかりやすくて、尚且つハイレベルなカリキュラムだったので、自信をもって卒業することが出来ました。

卒業後はとにかく経験を積みたくて、加圧スタジオで業務委託でパーソナルトレーナーとして加圧の指導もしながらパーソナル指導をしています。

■実際、パーソナルトレーナーとして働いて嬉しかったことはありますか?

お客様から「伊藤さんだったらセッションしたい、伊藤さんだからいい」といわれるのは本当にうれしいですね。

気晴らしだけでもお話しに来ていただいたり、スタジオの近くのスーパーが安いみたいな主婦みたいな話をしています(笑)

あとは、学んだことをお客様に対して実践して、実際に効果を得てもらえるのは嬉しいですし、ありがたいことです。

■伊藤さんがいらっしゃるからという理由でお客様が来て下さるのは本当にありがたいことですね!現場で色々な経験をされたと思いますが、今後目指したいパーソナルトレーナー像はありますか?

トレーナー像というか、『将来自分のジムを持ちたい』っていうのはトレーナーの方だったら多くの方が持つと思うんですけど。

僕は『自分のブランドを確立させたい』ですね!

「このウェアはあのトレーナーがデザインしたのか」ってなったり、わかりやすく漫画でトレーニングの楽しさを伝えられたらいいなって思っています。

あとはお客様の見本となれるように自分自身の運動能力が高い、動けるトレーナーを目指しています。

これから2ndPASSに入学する人がうらやましい

■ありがとうございます。最後に2ndPASSを検討されている方や、パーソナルトレーナーを目指している方にメッセージを頂けますか?

卒業してから1年半が経ちますが、今なお進化を続けている2ndPASSにこれから入学出来る方は本当にうらやましい限りです(笑)

パーソナルトレーナーになるためのことを何から何まで教えてくれます。ネットには載っていない貴重な情報がいっぱいです!だから、実際に入る人は間違いなく覚悟をもって勉強にのぞんでください(笑)

また、今回のインタビューのように卒業後も関われる機会もありますし、卒業生が学べるセミナーなどもあります。一緒に業界で頑張る同期がいたり、様々な意見交換出来るのも本当にありがたいことだし、貴重なことかと。

特に勉強し始めは難しいことが多く、時に嫌になってしまうこともあるかもしれませんが、お客様のためにと思って勉強すると圧倒的に充実感が違います。

是非このような考えをもって2ndPASSに通ってほしいです。