【卒業生の声】山田正義さん 東京校14期生

2019年12月25日

東京校14期生の山田正義さん。

ご卒業から1ヶ月、【サマースタイルアワード】のプロ選手として大会に出ながらも普段は一般企業に勤務されています。

今回は、2ndPASSに通った理由や大会でのご活躍などを伺ってきました。

アスリートとして、世界と戦うために

■改めて、凄い体ですよね!どれくらいトレーニングをされているんですか?

トレーニング歴は6年です。筋トレを始めてから1年で大会にも出始めました。

高校時代はハンドボールをしていて、補強でトレーニングをしていたんですが、会社に入って一切しなくなってからすごく太ってしまって…痩せるために始めたのが最初のキッカケですね。

その時は知識なんて全くなかったので、ただいっぱい走って、食べる量を極端に減らして15kg痩せることが出来たんですけど、完全に見た目が弱々しくなってしまいましたね(笑)

■そこからここまでの体になったんですね!山田さんはなぜ2ndPASSにご入学されたんでしょうか?

僕の場合はちょっと特殊かもしれません。

他の皆さんはトレーナーを目指して2ndPASSに通われると思いますが、僕はトレーナーを目指してというよりは、選手として知識を増やし、さらに上を目指したくて通い始めました。

トレーニングを始めて1年目で大会に出たわけですが、2年連続予選落ちで当時はすごく悔しかったです。

ですが、トレーニングをするたび、知識をつけるたびに自分自身の体が変わっていくのが目に見えてわかるので、それが楽しくて最初は独学で勉強していました。

僕は最終的にプロとして世界大会に出たいので、更なる知識を得るためにはどこかで学んだ方が良いと思い、探しているときに2ndPASSを見つけて入学を決めました。

また、トレーナーとして仕事をしなかったとしても、誰か人に教えるときに正しい知識を持って教えたいと思ったのも理由ですね。

大会出場時の山田さん

トップの戦いであればあるほど、運では勝てない

■実際に入学されてから卒業まではいかがでしたか?

解剖学、栄養学、生理学などなど、とにかく楽しかったですね!

何となくでしか分かっていなかったことがどんどん紐解かれていく感じで。元々入学前から独学で勉強はしていたので、その答え合わせをする感覚がすごく楽しかったです。

難しいことを学んでも、自分の場合はすぐに自身のトレーニングで活かせるから苦じゃなかったですし、趣味の延長線上の勢いで学んでいきました。

卒業してからまだ少ししかたっていませんが、在学中からトレーニングの質がどんどん上がってきています。

『あのトレーニングは実は非効率だったのか!』
『じゃあ、このトレーニングの方が良いな。』

みたいな感じで、最も効率的なトレーニングを自分で選べるようになったので、幅が広がりましたね。

僕の競技はフィジークなので、ただ筋肉を大きくするだけではなく、バランスよく大きくしなければいけません。バランスを良くしたければ、解剖学的知識があるかないかで全然変わってきます。

トップに行けば行くほど運で勝てなくなってくるので、トップの選手たちは知識が多い人たちがとても多いです。

それを教えてくださった宮城島先生には本当に感謝しています。

■ありがとうございます。最後に、2ndPASSに入学を考えている方に何かメッセージがあればお願いします!

僕のようにパーソナルトレーナーを目指していなくても、選手としてさらなる知識を付けたい人であっても通えるので、本当にお勧めします。

ここ数年でコンテストのレベルは非常に高くなってきていて、僅差で勝つか負けるかくらいになってきています。

そのわずかな差で勝つためには、絶対に勉強は必要だと僕は思っています。

宮城島先生の知識はとてもハイレベルなので、それに触れるだけでも意識が変わり、トレーニングの質が高まり、幅を広げることが出来ます。

当たり前の話ですが、選手としてではなく、仕事としてトレーナーをする場合でも凄く役に立ちます!