【卒業生の声】船田修平さん

2018年12月08日

東京校5期卒業生の船田さん。大学在学中から2ndPASSに通い、大学卒業後の今年2ndPASSも卒業しました。

今回は、船田さんが就職し現在勤務しているパーソナルジム、『Functional南青山』にお邪魔してインタビューをしてきました!

 

【1人1人の身体を理解するために】

-実際に現場に出て、率直にどうですか?

実際の現場に入ってみると様々なお客様がいらっしゃいます。

一人ひとり身体の状態も違いますし性格ももちろん違います。なので、知識も大切ですが経験を積み重ねることが大切だと感じています。もっとたくさんのお客様の身体に触れていきたいと思っています。

-場数を踏むことが大切なのですね。2ndPASSで勉強をしておいて良かったと思う部分はありますか?

学習した内容を日常動作や身体の使い方に結びつけることができるようになったことです。宮城島先生の授業で解剖学の奥深い知識を習得することで、より一層体のことが理解できたと思います。大学は単位を取るための勉強になってしまっていたとこもありましたが、2ndPASSは自分の意思でお金を貯めて時間も割いて学習するので、緊張感も違いますし意欲も変わりました。特に宮城島先生のご指導のもと行う実技テストはすごく緊張しましたね。でも、その緊張感が現場でのお客様対応に活きているなとも感じます。

-実技テストはドキドキしますよね!(笑)今後どんな風に活躍していきたいかなどの目標はありますか?

「船田さんがいるからまたココに来たい!」と思っていただけるようなトレーナーになりたいですね。

-大切なことですね。何かそのために意識していることはありますか?

はい、お客様とのコミュニケーションをとても大切にしています。

あと、自分の意見が反映される企業で働きたいという思いがあったので、このアットホームな環境はとても理想でした。これから自分の意見をどんどん発言してより良い店舗作りをしていきたいと思っています。

【2ndPASSで学んだことで、無駄なことは一つも無かった】

-ありがとうございます。2ndPASS在学中の生徒に向けて、これだけはやった方がいいことなどはありますか?

2ndPASSのスクールでやったことで無駄なことは何一つなかったです。実は中間テストがイマイチな結果で、、、ただそのあとしっかり勉強して期末試験は成績トップでした。

-すごいですね!相当勉強されたのですね。

はい、テストは毎回とても難しいので必死でした。感じたことは、テストに受かる為の勉強にしてはいけないということです。現場で活きる知識なので、途中から勉強するのではなくその都度授業の復習をしてしっかりと身につけていくことが本当に重要だと思います。あとは、セッションに慣れていることが現場ではとても重要です。パーソナルトレーナーとして働くためにコミュニケーション能力と知識があるのは大前提です。私は生徒同士でセッション練習を何度もしていました。そうやって場数を踏むことも自信につながっていくと思います。

パーソナルトレーナー養成スクールの詳細はこちら!