【卒業生の声】金子彰孝さん

2019年01月07日

大阪校7期生をトップの成績で卒業された金子さん!
国家資格である柔道整復師の資格を持ち、医療業界で25年以上のキャリアを持っているプロフェッショナルです。そんな金子さんが2018年7月に2ndPASSへ入学してくださいました。

【 お客様のためになる投資をする 】

この度は、卒業おめでとうございます。お聞きしたかったのですが、柔道整復師という国家資格を持っていて、実際に経営をしている金子さんですが、なぜ2ndPASSに入ろうと思ったんですか?

ありがとうございます。先生方と仲間のみんなのおかけです。今、私は奈良県で産後の骨盤矯正をメインに施術を行なっています。その中で、よりお客様に喜んでもらえることは何か?そう考えた中で産後の女性のお客様が体型を産前の状態に戻すことにも力になりたいと思って、トレーナーの世界にも興味を持ち始めました。

産後の骨盤を矯正することはできても、健康に関することまでは施術だけで変えることはできません。

【 国家資格者のプライドを胸に 】

7期生の平均年齢は20代後半でした。年齢的にも上であり、技術的にもはるか上をいっている中で、どのようなことを意識して通われましたか?

専門学校で国家資格を取得した時、大変苦労しました。あの時の努力は今でも自分を奮い立たせる源になっています。
その分、2ndPASSに入った時もあえて自分にプレッシャーがかかるようにしていました。一緒に入った仲間のために何ができるか、そういったことも常に考えて行動していたので、非常に大変でした。(笑)
ですが、通っていてとても嬉しかったのは、仲間のみんなが非常に素直だったことです。普通は自分よりもできる人からのアドバイスを素直には受け取れないと思います。このクラスには誰一人そういう若者がいなく、自分自身も毎週充実した時間を過ごすことができました。

【 もっと学び、もっとたくさんのことを知りたい 】

2ndPASSを卒業しましたが、今後どのようなビジョンを持ってらっしゃいますか?

トレーニングというものの可能性をこの半年間で非常に感じました。今後も学びに対して貪欲に進んでいきたいです。実は同業者でもトレーニングを提供しているところがありますが、多くがフリーウェイトなどではなく、EMSなどを用いたトレーニングです。そうではなく、出来るだけ機能的な身体作りを目的としたトレーニングの勉強をし、お客様に提供していくつもりです。

実は、春からはピラティスの勉強を始めることが決まっています。学びに終わりはありません。これからもどんどん身になることに投資して、進んでいきます。

【 迷っているなら今すぐ行動した方がいい 】

卒業した後の進路まで決まっているとは、さすが最優秀生徒です(笑)最後に今、入学を検討している人たちへメッセージをお願いします。

一言言えるとしたら、「 迷っている暇はない、今すぐ行動すること。決意したら、やりきること 」トレーナー業界への入り口は大きく開かれています。今こそ飛び込むタイミングです。近い将来、国家資格者が今よりも流れ込んできてトレーナーのレベルも大きく変化していくと思っています。その人たちよりもどれだけ早く多くのことを学んでいくかが未来を握っています。

2ndPASSのクオリティは保証しますので、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!半年間、ありがとうございました!!

 

パーソナルトレーナー養成スクールの詳細はこちら!