【卒業生の声】前田剛希さん

2018年08月05日

2nd PASSの4期生として卒業した、前田剛希さん。思ったことはストレートに言葉にする前田さんは、学生時代は本当にやりたいことがなかったと口にしていました。

目標もなくダラダラと生活していることもあった前田さん。そんな彼がなぜトレーナーとしての道を選んだのか、そして2nd PASSでどんなことを知ったのかを聞きました。

やりたいことがなかった学生時代の苦悩

ー前田さんは、現在どんな仕事をされているんですか?

今は加圧トレーニング系のジムで働いています。実は2nd PASSに申し込んだのと同時に、当時勤めていた葬儀屋の仕事を辞めてジムに転職したんです。

ーまた随分と思い切りましたね!2nd PASSに入る前は、トレーニングなどの経験はあったんですか?

いえ、全くありませんでした。スポーツ自体は、幼稚園にサッカーをはじめて、中学3年生まで続けました。

他にも小学校には水泳もやっていましたが、どちらも親から「やりなさい」と押し付けられていたものだったんで、どうしても好きになれなかったですね。

サッカーは親が好きなもので、水泳は「泳げないやつはダメだ」みたいな理論で。

あ、ただ高校ではじめた駅伝は好きで、大学まで続けていましたね。

ー私は長距離が苦手なので、駅伝を好きと言える方はすごいなと思います(苦笑)

でも、この時もトレーニングは全くやっていませんでした。それに大学に進学してからは、ほぼ引きこもっているような生活でした。同時期にゲーム依存症にもなっていましたね。

「死ぬか生きるか」みたいな選択肢で、死ぬのがいやだから生きるのを選択していたようなものです。就職したのも、「死ぬか働くか」なら、働こうかと。

ーそうだったんですね。

本当に、特にやりたいこともなかったんです。そのまま前職の葬儀屋さんにすぐ内定をもらって。就職活動もやめました。

自分は何がやりたいのか?何ができるのか?からたどり着いた選択肢

当時は頭でっかちで人の考えに染まりやすいところがあって、堀江貴文さんのような成功者が好きで、彼らのようになりたいとだけ思っていました。

いろいろと自己啓発の教材を買ったりセミナーに参加したりする中で、当時出会った方からこんなことを言われたんです。

「なんで今、君は葬儀屋をやってるの?君は何をしたいの?」

その時、自分には何ができるだろうかと考えました。その時思いついたのが、スポーツ系の大学を出ていたという事実です。

この経歴をどうにか活用したい。その時「じゃあ、トレーナーになったら」と言われて、早速行動を始めたんです(笑)

ーなかなかハイスピードな展開ですね。

その後転職活動を始めて、加圧トレーニングジムに転職しました。それと同じ時期に、「トレーナーとしてちゃんと勉強しないとダメだ」とも思って、2nd PASSを選んだんです。

選んだ理由もシンプルで、ピックアップしたスクールで一番料金が高いところを選びました。やるなら一番の場所で!と思いまして。

ー実際にスクールが始まって、勉強内容はどうでしたか?

栄養の話は好きで本を読んでいたし、小手先の技術的案ものは動画やメルマガを購読していたこともあって、表面的な内容は理解できていました。

それが例えば、1つの筋肉について専門的な話になった途端、全然わかんなくなっちゃいましたね。

でも自分の性格的に、授業内容は本当にバッチリ合っていました。

ーどういったところが気に入りましたか?

栄養学・解剖学とか神経・内臓など体の基礎部分を元に、クライアントのメニューやプランを考れるといった、土台があってそこに当てはめるという考え方ですね。

あと、代表講師の宮城島さんが授業で取り上げる健康寿命と平均寿命とか、食べ物や糖質制限に関するエビデンスのある情報も好きでした。

それもあってか、テストも楽しかったんですよ。

ーえ、そうだったんですか!

僕自身、勉強ができるという方ではありません。高校の時なんか偏差値30台でしたから。これまで勉強らしい勉強もしていなかったです。

2nd PASSは授業内容もそうですが、勉強環境もよかったです。それに習った内容をそのまま加圧ジムでも活かせたので、インプットとアウトプットを両立できました。

2nd PASSに入る前、職場でも筋肉の本をずっと読んでいましたが、全く頭に入らなかったんです。それが解剖学の授業が始まって、実践を通じて気づけば身についていました。

正直、大学在学中は筋肉、骨、神経の知識とか大嫌いだったんです。その知識がどこにどう活かせるかというのを理解できたのが、大きかったですね。

まずはトレーナーとして、行けるところまで行きたい

ー前田さんの中で、今後の目標などはありますか?

僕は教えることや喋ることが好きだなと思っていて、だからこそ施術・セッションだけじゃなく、2nd PASS講師の宮城島さんみたいに講師業もできるようになりたいなと思っています。

そのために、まずはフリーになってどんどん稼ぎたいですね。稼いだお金を、セミナーや勉強にどんどん投資したいです。

1年前はトレーナーになりたいと思ってもいませんでした。たくさんの人に出会って話を聞いて、この道に出会いました。

だから自分も、多くの方をしあわせにできるようなプランを立てていきたいですね。

昔は、とにかく成功できればどんな道でも良かった。でもそれじゃダメだと気づきました。トレーナーとしての道を極めたい。そのために、まずは行けるところまで行きたいですね。

2nd PASSに入って「こういう世界があるのか」という学びを得られたのと、自分の世界を広げるきっかけになったのが一番大きかったです。

対価を支払うことで出会うことのできる人間関係や知識、マインド、ビジネスのあり方を知ることができました。

正直、引きこもっていた大学時代は地獄のような毎日でした。それが今、こうやって2nd PASSに出会ったことで、自分の道に立つことができたことに、感謝を伝えたいですね。

パーソナルトレーナー養成スクールの詳細はこちら!