【生徒の声】堀野さんご夫妻

2018年03月18日

2nd PASSの4期生として、ご夫婦で参加された堀野尋嗣さんと、堀野ゆみさん。

日頃から本当に仲の良いご夫婦なのですが、現役トレーナー顔負けな食事管理と美意識に脱帽でした。

そんなお2人がトレーナーを目指すようになったきっかけ、2nd PASSに入っての感想、そして馴れ初め(笑)をおうかがいしました!

徹底した食事管理は、日々の習慣から

-ゆみさんは全くジャンクフードは食べないと聞いたのですが、本当ですか?

ゆみさん:私は宮崎県の出身なんですが、田舎だったんでジャンクフードやコンビニってほとんどなかったんです。

その後18歳で上京してからはモデルの仕事をして、そのあと水商売をしていました。

昔から「何を食べればキレイになれるか」をずっと考えていて。だから彼と初めて一緒に暮らした時、とてもびっくりしました。

だってコンビニのドーナツを食べてるんですよ!?
みんなとご飯に行く時もよくいろいろ聞かれるんですけど、食べたくないんですよね。

尋嗣さん:ラーメンは食べてたよね?

ゆみさん:20歳までね。

-え、じゃあ20歳以降食べてないんですか!!?

尋嗣さん:そこから美味しいものがどんどん出ているのに!

(一同爆笑)

尋嗣さん:意思が強いんですよ。びっくりしたんですけど、(食べないって)決めたんだよね。

ゆみさん:そう、「ラーメン一生食べない」って。神様にお願い事したんです

-??

尋嗣さん:そう、大好きなラーメンを食べないから、お願いを1つきいてって。

-!??(な、何を言っているんだこの人は?)

尋嗣さん:これすごいなと思って。そんなの普通は2、3ヶ月でやめちゃうのに。

-ち、ちなみに…その時何をお願いしたんですか?

ゆみさん:いや、それがもう覚えてなくって。

(一同:爆笑)

-お2人は本当に仲がいいイメージですが、どんな出会いだったんですか?

尋嗣ぐさん:私は京都出身で、20歳の時に上京しました。

今は建設業の仕事をしているんですが、その前はフィットネスクラブでインストラクターをしていて。

そこを辞めた後にゴールドジムでトレーニングするようになって、妻と出会ったんです。

ゆみさん:それが3年前で、結婚してもうすぐ1年半ですね。

私たち、半年に1つ目標をつくるようにしているんですよ。

プロポーズされた時は「次いつ籍を入れようか」を決めて、その後は「犬を飼おう!」って、犬の名前を先に決めて。次にいつ結婚しようかを決めたり…。

尋嗣さん:犬の名前が先に決まってたんです。

ゆみさん:そう、コロちゃんを飼おうって!(笑)

-コロにぴったりなわんちゃんを探したんですね(笑)

ゆみさん:そして、次はベストボティに出ようってなって。

それ以外にも「家を買おう」「家具を買おう」って。そして、2人でトレーナー養成学校に通おうって。

人生を変えるお手伝いをしたい

-2nd PASSを知ったきっかけは『マツコ会議』の放送だったんですよね?

ゆみさん:そうです。

尋嗣さん:一緒に見てたんですよね。

ゆみさん:そう。それで「ここいいんじゃない?」ってなって。

尋嗣さん:もともと、去年くらいからトレーナーに戻りたいなと思っていて。でも、資格もないし、面接も採用まではいかなくて。

どうしようかなってなった時に、テレビを見てて。これで資格を取って、仕事を探すといいかなと思って。そしたら(ゆみさんが)「私も行く」ってなって、夫婦で受講を決めました。

ゆみさん:そう、2人ともトレーナー志望で入学しました。

2人でゆくゆくは開業できたらいいなって。アラサーからアラフォー、アラフィフと体が変化しやすい時期を迎える女性向けに、有益なトレーニングを提供したいんです。

ひろちゃんはこの性格なんで、どんな人にも対応できますし。

男性にも女性にも。夫婦でやればお客さんも来やすいんじゃないかなと思って。
どうせなら2人でやって、お店持てたらいいねと。

-どうしよう、この夫婦仲睦まじすぎて眩しい…。ゆみさんはいつからトレーニングを始めたんですか?

ゆみさん:6年前です。

たまたま、洋服店で買い物をしていて、上の階がゴールドジムだったんです。

トレーナーさんに声をかけてもらって、「やりましょうよ!僕教えますから」ってなって。

それからパーソナルトレーニングで入会したんです。
それが自分にすごい合っていて。こういう人生や体を変えるきっかけを与えられるトレーナーになりたいなと思って。

 

同じ目標を持った人と出会える。その内容も「本物」

-なるほど。12月に入校されて3ヶ月経って、テストなどもありましたが、入ってみての感想などはありますか?

ゆみさん:入ってよかったと思います。

本当にここまで勉強することもなかったし、あとは知り合えないような人と知り合えたってのもありますよね。

同じ目標を持った人との出会いってことはなかなかないから、そういう機会を作ってくれたのも含めて、来てよかったと思います。

尋嗣さん:特に、こんな年代の若い子たちと会うことってまずないんで。

ゆみさん:生徒さんによっては本当子供くらいの子もいますから!そう思うと皆可愛いんです。

-そういう人たちと同じ目的で勉強できる環境は貴重ですよね。お2人で一緒に勉強されることもあるんですか?

ゆみさん:しますね。

ひろつぐさん:特に実技とかは、やってなんぼだと思うんで。頭の中だけじゃシミュレーションできないですから。

ゆみさん:家でマットをひいて、2人でやることもあります。

-お互い勉強してると、色々指摘し合えていいですね。

尋嗣さん:そうそう。やりやすいです。

ゆみさん:色々2人でストレッチし合ったり、一緒に勉強したり。

あと、ちょっとくじけそうな時もひろちゃんが隣で一生懸命勉強していて。

その姿を見て、「私も頑張らなきゃ」と思うんです。
それと、「ああ、こんなに頑張る人なんだ」って知りました。
いつもふわっとしてるから(笑)

尋嗣さん:いやいや、集中力はあるよ(笑)

-尋嗣さんは、ある程度予備知識が合ったと思うんです。そういう目線で見た2nd PASSの授業内容ってどうでしたか?

ひろつぐさん:正直、思ってた感じと全然違って、逆によかったと思う部分が多いです。

入会当初は結構マシントレーニングを中心でやるんだろうなと思っていて。正直そこは自分でもわかっているので、むしろ資格に向けた勉強ができればいいと思っていました。

それが、(機能解剖学や機能改善についての)実技でこんなにレベル高いことをやるんだと驚きました。

パフォーマンスアップ、アライメント、機能改善。
自分の知らないことを高いレベルで学べて、よくよく調べずに入学したのに、むしろいいとこきたなと思って。

だから最初から、自分のわからないことばかりでした。

ゆみさん:私もトレーニングは6年くらいやってましたけど、(授業内容が)すごい深くてよかったです。

代表講師の宮城島先生がとても向上心の強い人で、こういう人を久しぶりに見て、ああ、私も頑張らなきゃなあと思わされて。

学習内容がとても深くて。これを学んで人の役に立てるトレーナーになりたいなと思いました。

-ゆみさんは、徹底して食事に関して管理・コントロールできているじゃないですか。昔からそういう自己管理ができていたんですか?

私が思うのは、彼女は「栄養がいいものが好き」って感じなんですよね。
だからただカロリーがあるものとかが嫌いで、食べたいとも思わないんですよ。

ゆみさん:例えば、もずく酢を食べたら海藻が摂れるとか、キノコ類食べてないから、えのきとかしいたけ食べなきゃとか。

野菜を食べてないからキャベツ取らなきゃとか。そんな感じの思考です。

今通っているジムに、高重量をあげられるけどすごい太っている女性がいて。その方の目的はそもそも痩せることなんですが、日に日にパワーがついてかえって太っちゃっているんです。

実際、女性なのにデッドリフトも90kg以上扱えますから(笑)

でも、痩せたい女性はそんなの求めてないじゃないですか。

そういうところにギャップを感じるから、女性ならではの指導ができるトレーナーになりたいなって。

ただ、私の弱点は「ジャンクフードを食べる意味がわからないこと」なんです。
私はお金があったら、何を食べて育った牛なのかとか、そこまでこだわりたいんです。

熱く食事や生活習慣について語ってくださるゆみさん

この後も、食事についての熱いお話が続きました。

徹底されている方っていうのはここまでやるものなのかと!
しかも、それを「やらなきゃいけない」じゃなく、習慣として染み込んでいるところにものすごい凄みをかんじました…。

-食事の話は、ぜひ別の機会を作って個人的に教えてください(笑)

最後に、これからパーソナルトレーナーの勉強を始めたい方、2nd PASSのHPを見てどうしようか考えている方へ、2人からのメッセージをお願いできますか?

ゆみさん:何かを始める一歩って、すごい大変なんですよね。

それに見合った結果が出るのかなって悩み出して、頭でっかちになっちゃう事も多い。
でも、とりあえず一歩進んでみようよと伝えたいです。

始めてみたら、何かが変わるので。

尋嗣さん:私たちは事前によく調べず2nd PASSに入りましたが、結果的にとてもよい選択でした。

ここでやってることは紛れもなく本物なんで、まずは体験に来てもらうのが一番だと思います。見ればわかるので。ぜひ1回見に来て欲しいです。

追伸:

ゆみさんは6月、『2018 BBJ福島大会』で準グランプリを獲得!日頃の食生活への意識の高さがよく伝わる結果に、こっちまで嬉しくなりました!