【卒業生の声】木内康介さん 東京校9期生

2020年01月28日

東京校9期の木内康介さん。

ご卒業から10ヶ月が経ち、現在はパーソナルトレーニングジムBiP様に就職され、パーソナルトレーナーとして活動されています。

今回はお忙しい中店舗にお邪魔して、お話を伺ってきました!

工場→飲食→バイト→パーソナルトレーナー

Q.木内さんがパーソナルトレーナーを目指したきっかけを教えてください。

学校を卒業してからは、工場や飲食で働いていました。

小さい頃からずっとサッカーをやっていたので、身体を動かす仕事に携わりたいと思って、自分で調べたのがパーソナルトレーナーを知ったきっかけです。

Q.ご自身のサッカー経験が原点なんですね。では2ndPASSに入学をされた経緯は何だったのですか

パーソナルトレーナーになろうと思ってティップネスでアルバイトを始めたのですが、しっかり勉強したわけでは無かったので、お客様に対してトレーニングの指導や器具の使い方を詳しく教えることが出来ませんでした。

そこで学校を探し、2ndPASSで学ぼうと決意しました。

入学してまさか、解剖学や栄養学をこんなに勉強すると思ってなかったので最初は本当に不安でしたね(笑)

Q.週1回の授業ですが、復習をしっかりやらないと大変ですよね(笑)2ndPASSを卒業して、トレーナーとして現場に出ていかがですか

お客様それぞれの身体の状態をみて対応出来ているので、2ndPASSで学んだことが活きていますね。

在学中、授業でスマホで撮った施術授業の動画などを今でも通勤中に見たりして、空き時間で2ndPASSで学んだ内容を振り返るようにしています。

セッション中にその場で臨機応変に対応出来るのがパーソナルトレーナーとしてはベストだと思いますので、常に勉強しています。

お客様に正確な情報を自信を持ってお伝え出来るように

Q.2ndPASSで学んだ経験が活かされているのは非常に嬉しいです。トレーナーとしてのやりがいや今後の目指す姿を教えてください。

お客様に沿ったプログラムを組んで、効果が出ると嬉しいですね!

また、階段の昇り降りが楽になったなど、日常生活が変わったと言われるとトレーナーとしては嬉しいです。

目指す姿は、「こうじゃないかな」と曖昧な対応で終わるのではなく、正確な情報をお客様に自信を持って伝えられるようなレベルのトレーナーです。

常に健康に関する情報は更新されているので、最新の情報を把握できるように今後も継続して学んでいきたいです。

Q.お客様に対して正確な情報で対応するというのはトレーナーの鏡ですね。最後にパーソナルトレーナーを目指している人や、2ndPASSへの入学を検討している方へ向けて一言頂けますか。

同じようにパーソナルトレーナーを目指す仲間達とも出会えます!

今でもお互いの現状共有などもしているので励みになりますね。毎年ある2ndPASSの全国総会で久しぶりに会うのも楽しみですよね。

僕自身もそうだったんですけど、年齢を気にして足踏みしている人がいるとしたらとてももったいないです。

好きなら挑戦して欲しいし、専門的な知識が必要な職業ですので、2ndPASSで学ぶことは大きいと思います。

【木内さんがご就職された、株式会社BiP代表取締役の薩田様へのインタビュー記事はコチラから!】