【卒業生の声】佐藤真也さん

2018年08月05日

トレーニング歴はじつに10年以上。ボディビルダーとしても活躍している、4期卒業生の佐藤真也さん。現在は本業を続けつつ、パーソナルトレーナーとしてのデビューの道を模索しています。

一家の大黒柱でもある佐藤さん。その言葉には、夢を実現することの難しさとそれにチャレンジすることのやりがい・喜びの、両方を感じることができました。

10年以上のキャリアを持つトレーニーが2nd PASSを選んだ理由

ー佐藤さん、本当にいつ見てもすごい体です…。もともとトレーニング関係のお仕事をされているんですか?

いえ、全然違って今は工場関係の仕事をしているんです。

ーそうだったんですか!じゃあ、トレーニングは仕事で取り組んでいるんじゃなかったんですね。

そうですね。私は今(2018年7月)36歳なんですが、23歳あたりからトレーニングをはじめました。当時活躍していたケイン・コスギさんを見て、彼のような肉体に憧れて。

ーすごい、10年以上も継続しているんですね。

はい。ちなみに中学高校はサッカーをしていましたが、その時はガリガリだったんです。トレーニングをはじめた時も同じで、鍛えだして半年で一気に10kgも増えました。

ー佐藤さんがガリガリだったなんて、想像ができないですね(笑)トレーニングを始めた頃から、ボディビルの大会にも出ていたんですか?

大会を目指し始めたのは知人に見に行かないかと誘われたのがきっかけです。確か32歳の時ですね。会場から選手を見て、「こんな体になれるのか」と衝撃的でした。

以来、約5年間さまざまな試行錯誤をしながら大会に出場しています。

ー大会歴もそれだけあるんですね。ちなみになんですが、大会出場時は、だいたいどれくらいの体脂肪率まで絞ることが多いんですか?

私の場合は7%くらいです。でも大会入賞者の方は、さらに5%くらいまで絞り込んでいると思います。この最後の1絞りが大変なんです。

ーただ一桁なだけじゃダメなんですね。やっぱりすごい世界です。

自分の身体で実感した、2nd PASSの授業の効果

ーお話を聞いていると、決してトレーナーになるという進路を頭に描いていたイメージではなかったように聞こえます。2nd PASSに入ろうと思ったきっかけは、何かあったんですか?

はい。実は2nd PASSに入る直前、普段通っている整体院の先生の1人から誘いがあったんです。

彼から、「パーソナルトレーナーに向いているんじゃない?一緒にパーソナルトレーニングの店を開かないか?」と言われて。

その誘いに興味を持ったんですが、当時解剖学など専門的な勉強をしたことがありませんでした。教えてお金をもらう以上、単なるトレーニーではいけないと思って。

資格や専門的な内容を学ぼうと思って、スクールを探していた時に2nd PASSを見つけました。

ーそういう経緯があったんですね。

その後2017年の9月頃、当時まだ池袋にあったスクールを見学しました。見た瞬間から「すごいなあ」と思ったのを覚えています。

ちょうど授業では骨盤の前傾や後傾といった内容をやっていましたが、今まで考えたことのない世界でした。

これまで、ボディビルのチャンピオンが主催するセミナーに通っていたこともありました。そこでは筋肉の効かせ方のほか、専門的な内容にも触れていました。

そこで覚えていた内容と重なることも多いし、さらに深いことも勉強できると思って、「ここなら大丈夫だ」と入会を決意したんです。

ー実際に入ってからの勉強はどうでしたか?

大変でした(笑)毎回新しいジャンルの勉強が始まるので、必ず復習をしながら授業には出席していましたね。

授業の内容も、毎回内容がとても新鮮で。授業が終わって自宅に帰った後も、頭の中でぐるぐるめぐってなかなか寝付けないなんてことがよくありました(笑)

ーすごい。頭がパンクしそうな状況がよく伝わります。授業で習ったことは、自分のトレーニングにも活かせましたか?

全然違いましたね。私は不定愁訴としてO脚の傾向があったんです。トレーニング前にここをケアしたり、腰周りの筋膜リリースをすることで、トレーニング中の怪我の心配をだいぶ解消できました。

筋肉の起始・停止という仕組みを理解して背中のトレーニングを行ったことで、いつもよりずっと高い効果を感じられました。

家族を支えながら、トレーナーの夢を叶えたい

ー佐藤さんは卒業してからも、ご本業を続けているんですよね。今の所、パーソナルトレーナーとしてデビューするご予定などは定まっているんですか?

正直、まだ決まっていないのが現状です。

私には家族もいてパーソナルトレーナーとして働くことに賛成してくれていますが、まずは本職を続けつつ、ダブルワークとしての道を模索しています。

最初に声をかけてくれた先生とも相談しながら、どうするか考えている最中です。

ーご家族がいらっしゃる方ならではの道ですね。今後トレーナーとなった場合、どんな風に活動していきたいなどの目標はありますか?

健康的に、怪我なくトレーニングができることの楽しさを教えられるようになりたいです。

今姿勢が悪い人は、年齢を重ねるとよりそれがひどくなってしまいます。そんな方にも、体を動かすこと、体が変わることの楽しさを伝えていきたいですね。

ーありがとうございます。最後に、これから2nd PASSに入ろうと思っている方にメッセージをお願いできますか?

2nd PASSで学べるスキルは、トレーナーを考えている人でも、考えていない人にも有用です。この知識があれば、自分はもちろん家族の腰痛・肩こりといった不定愁訴を治せます。

私も奥さんにいろいろと試したら、「だるさが取れた」「肩こりが良くなった」と喜んでもらいました。

運動・食事両面で学ぶ知識は、「一生もののスキル」になるでしょう。

健康に対する意識も変わります。私自身今までの減量は、ここで学んだことと全く逆のことをやっていました。代表的なのは糖質制限などですね。PFCバランスもそうです。

私はつい先日大会に出場しましたが、そこでは最後の一絞りまで、あえて糖質をちゃんと食べながら減量をしました。

いつもと違う方法に不安もありましたが、結果として今までよりも心にゆとりを持ちながら減量ができたし、仕上がりもよかったんです。

ボディビルダーと一般の方とはライフスタイルが違いますが、根本の食事は同じだと思います。きっと一般の方にこの食事を伝えられれば、ガラリと見た目が変わるに違いありません。

そしてこれはいつも思っていたことなんですが、代表講師の宮城島さん自身がつねに学びを続けている方で、なんでも質問に答えてくれました。

授業に行く時は毎回、「今日は何をやるんだろう?」とワクワクしながら通えました。通うだけの価値がある、いいスクールだと思います。

おまけ

最後に、佐藤さんに上着を脱いでもらってポージングを決めてもらいました。

カットがすごいです。これが日々の努力で培った結晶なんですね…。

 

今日はありがとうございました!

パーソナルトレーナー養成スクールの詳細はこちら!