【卒業生の声】山下奈津子さん

2018年08月21日

2017年12月に入学し、2018年6月に卒業した2nd PASS 4期生の山下さん。島育ちのおおらかな性格の彼女は、2人のお子さんを持つママでもあります。

ママならではの悩みからトレーナーを目指すようになった山下さんに、2nd PASSに入った理由、これからの目標を聞きました!

ルーツは自然豊かな南国の楽園・ヨロン島


−−山下さんはもうパーソナルトレーナーとして活動しているんですよね。

はい、徐々にお客様にセッションなどを実施しています。人の体を扱う仕事なので、最初想定していた仕事内容とそれほど差はないですね。

ただ、お客様に勉強させていただく機会がとても多いです。

何かの説明をする時も、「どうしてですか?」という質問をいただくことがあって。

頭の中ではわかっているけれど、それをどう説明すればいいのかでいつも頭をひねっています(笑)

人によって伝え方や伝える内容、喋り方も変えなきゃいけないですし。

2nd PASSではこうしたコミュニケーションについても習いましたが、卒業して初めてその大事さに気づきましたね。

−−山下さんはとても気さくで、そういうのは得意そうですよね。

そうですね、でもやっぱり普通のコミュニケーションとセッションでは大きく違います。責任感をもってその人の体を変えていくわけですから。

私のそもそもの性格がざっくばらんな感じですが、そこにプラスアルファでちゃんとした知識、安心感を与えられる存在になれるのが理想です。

−−ざっくばらんというか、とてもおおらかなイメージです。出身はどちらでしたっけ?

ヨロン島、漢字では「与論島」と書くんですが、ちょうど沖縄と鹿児島の県境にあるんですよ。島の対岸から、もう沖縄が見えるくらいの距離で。

例えばこれは、百合ヶ浜という浜辺の写真です。こういう景色があるところで育ちました。


−−うわあ…。海の透明感が全然違いますね!まさに南国の島という感じ。私は山育ちなので、こういう景色に憧れます…。

高校卒業までずっと住んでいました。まさに海に育てられたようなものですね。

ただ、島の人間の大半は進路選択で一度島を出ることが多いんです。私もそうで、鹿児島本土の調理師専門学校に通い、調理師免許と製菓衛生師を取得しました。

その後は和食の板前の見習いをしたりバス運転手をしたり、いろんな仕事をしましたね。

結婚を経て約4年前に東京に来て、今に至ります。

勉強してきたのが食材・調理のことなので、その点は入学前からある程度の知識を持っていました。

出産・育児の苦労からパーソナルトレーナーへ

−−多彩な職歴ですね。運動自体は何かしていましたか?

高校時代に空手をしていたんですが、それ以外はほぼ運動と無縁でしたね。

−−それは意外です。どうしてトレーナーを目指すようになったんですか?

私は2人の子供がいるんですが、最初の子の出産で20kg太っちゃったんですよ。でもそのあと何もしなまま、1年で自然と元の体重に戻りました。

そして2人目の子供の出産でも、やっぱり20kg太っちゃって。その時はかなり戻るのが遅かったんです。2nd PASSに入った時(2017年12月)は、ちょうど減量の真っ最中でした。

−−かなり体重の変動があったんですね。

はい。それでトレーナーを目指すようになった最初の目的が、子育てママの疲れを解消してあげたいというのがありました。

大事な子供たちと遊んで「楽しかった」と言いたいはずなのに、疲れたという言葉しかでない。何か新しいことをしたくても、子育ての疲れを言い訳に踏み出せない方も多いです。

そういう状態を変えたいなという思いがありました。

子育てでも疲れない気力・体力を作る方法。それを考えた時にピンと来たのがトレーナーでした。

根っこはそういう部分だったんですが、これってママじゃなく、誰にでも言えることだなって。

−−お母さんならではの考えですね。2nd PASSを選んだ理由はなんでしたか?

私は2nd PASSの授業方針に共感して入学を決めました。

島育ち、田舎育ちの私にとって、「糖質制限」というのには大きな違和感があって。

実家では何かあれば「とにかくたくさん食べなさい」と料理を出してもらって、お米で育ててもらった、人生の大事な時には美味しいものをたくさん食べていた思い出があります。

糖質制限などのような食事制限で、そうした思いを否定したくありませんでした。

極論、食事がちゃんとしていればプロテインだって必須のサプリではないですよね。そうした食への思いを証明したかったんです。

−−実際に入学してみてどうでしたか?

「こんなに一から教えてくれるんだ」という思いがありました。最初から授業内容は丁寧で。量も内容も簡単なものではなかったですがね、最初のテストでは玉砕しましたし(笑)

でもそれがあったおかげで、ある意味覚悟が決まりました。私はくやしい、負けたくない、やばいぞという経験から本気になる人間なので。もっと頑張ろうという思いになれました。

あと2nd PASSに入学してから、習ったことを活かすような形でトレーニングを始めました。

トレーニングの数って無限にあるじゃないですか。

ここを鍛えるためにここをやるというセオリーはあるものの、種目数は膨大です。

腹筋を鍛えたいだっていろんなアプローチの仕方があります。

いかにお客さんが楽しめながら鍛えられるようにするか、挫折せずに済むか。そこを考えるのが面白いです。

今も自分で試して「ここに効くな」と実証できたら、お客様にも試したり。

−−最初の動機に「体力・気力をつける」というのもありましたが、そこに変化はありましたか?

大きく変わりました!

子育てには肩こり・腰痛が絶対つきものなんです。1人目の子ができた時、体重は落ちても痛みは引きませんでした。

でも2人目の子育てで2nd PASSで習ったことを実践したら、痛みがなくなったんですよ。

体の使い方・ケアの仕方を知ったことが要因にあると思います。

この点は本当に、入学してよかったと思う部分です。

何か物事を学ぶという点において、誰もが同じスタートライン

−−なるほどですね。まだまだトレーナーとしてデビューしたばかりですが、今後の目標はなにかありますか?

最初はママ世代の方を対象に考えていましたが、今はもっと多くのお客様を見たいと思っています。

痩せたいという目的だけじゃなくて、仕事を頑張っている方々の痛みや体の悩みを解決してあげられるようになりたい。

そのためにも、たくさんのお客様に触れてどんどん実績を作っていきたいです!

−−ありがとうございます。最後に、これから2nd PASSに入る方、パーソナルトレーナーを目指す方にメッセージをお願いできますか?

私はもともと運動もしていない、トレーニーでもない、そういった世界とは無縁の立ち位置から2nd PASSに入りました。

それが半年間の勉強でトレーナーになり、卒業後に受けたNESTAの資格試験も一発で合格できたのは、ここで勉強していたことがあるからこそだと思っています。

私は入学した時、ただの主婦という負い目があったんです。でも実際に勉強を始めて、なにかを学ぶという点に関して、ここにいる生徒とスタートラインは一緒だと思えたんです。

トレーナーになりたいけどどうしようかなと悩んでいる人、心配なことがある人は、始まりはみんな一緒なんだってことを知ってほしいです。

何もないところから始めても、卒業する時には大きな結果につながっています。独学とは全く違うレベルの内容を勉強できるんです。

もちろん自習も必要だし、その内容は本当に難しいことも多いです。

ただそこを乗り越えれば、「ここの授業についてこれた」ことが大きな自信になります。

今はまだまだ道の途中ですが、12月の自分と比べて、「私はトレーナーとしてやっていけること」という確固とした思いがあります。

おまけ

とにかくおちゃめで気さくな山下さん。「私、もっと陽気なトレーナーとしてお客様に接したいんですよ!」と明るく話してくれます。

トレーナーの決めポーズといえば腕を組んだかっこいい姿ですが、そのイメージも変えたいとのこと。

じゃあ、一度それで写真を撮ってみますか!

という流れになって撮影したのがこちらの写真。

アー…なるほど。あの超人気美少女戦士の決めポーズですね。

もしみなさんが山下さんに出会うことがあれば、ぜひリクエストしてあげてください。多分喜んでポーズを決めてくれますよ。

ちなみに、トレーナー仲間にもこのポーズを披露したところ、あまり好評は得られなかったようです(笑)

パーソナルトレーナー養成スクールの詳細はこちら!