パーソナルトレーナーの就職に有利な3条件!実際にジムに聞いてみた

2017年12月10日

パーソナルトレーナーになりたいけど、就職にはどんな条件が有利なのか、気になる方は少なくありません。

そこで、実際に新卒・中途採用の両方を行なっているパーソナルジムの代表の方に、「就職に有利な条件」を聞いてみました!これから就活準備を始める方、必見です!

未経験者歓迎のパーソナルトレーナーに求められる人材とは?

パーソナルトレーナーのバイト、正社員の求人情報を見ると「未経験歓迎!」という言葉がよく目につきます。

実際、ほとんどのパーソナルジムでは未経験者に対してしっかりとした座学・実技研修を行い、一定の技術レベルに到達してから現場に立ってお客様への指導をする場合が多いです。

全国のジムに話を聞くと、求人問い合わせをしてくる方のおよそ8割が未経験と言います。

ジムにとってはこうした人材も貴重な一方、中小規模のジムでは研修に時間がかかればその分、スタッフの負担やジム全体のコスト増加にも繋がってしまいます。

だからこそ、求人募集には見えてこない「就職に有利な条件」というのが存在するようです。ジムの代表を務める方の話では、大きく3つの条件のいずれかに該当する人は、積極的に採用していきたいと語ります。

【参考】パーソナルトレーナーのバイト!仕事内容や募集要項、お給料を解説!

パーソナルトレーナー就職で有利な人材①身だしなみが整っている、イケメン

「イケメンは就職に有利」

いきなり元も子もない話になってしまいましたね。そんなことを言ったらどの業界も同じじゃないかと言われてしまいそうですが、これはパーソナルトレーナー業界の中でも大きなポイントです。

パーソナルトレーナーはマンツーマンでお客様への指導を行うという点で、接客業の側面が非常に強いです。爽やかトレーナーの方がお客様にとっても一緒にいて楽しいですし、モチベーションアップややる気を引き出す上でも重要な要素です。

そのため、応募時に提出する履歴書を見る場合も、学歴や学生時代に取り組んだことではなく、まず真っ先に写真を見ます。

顔がいいかどうかと言う第一印象が良ければ、面接にこぎつけるチャンスも増えるというわけですね。

この「イケメン」と言う言葉をもう少し言い換えると、「身なりが整った清潔感のある方」でもあります。例えば、髪がボサボサじゃない、ヒゲや眉毛がちゃんと整っている、表情が明るいなどの特徴がある人です。

トレーナーはお客様の健康管理やボディメイクが主な仕事内容です。その肝心の本人がだらしないと、相手から信頼を得るのは難しいですよね。

こちらから指導するわけでもなく、意識的・習慣的に身だしなみに注意している方。こういう方への評価は、想像以上に高いようです。

パーソナルトレーナー就職で有利な条件②高い営業力

過去の職歴で営業職にいたことがある。しかも所属していた企業でトップの成績を持っていたという方は、非常に高い評価を受けます。

営業職というのは、会社と取引先の利益を作る非常に重要なポジションです。トップセールスマンともなると、スケジュール管理やコミュニケーション能力はずば抜けています。

また、トップ営業マンは一見数字にならないような細かいことにも気を配ることができる天才です。

取引先のプライベートな話題や家族のこともかなり細かく記憶していて、さりげない心配りや言葉で相手の心を鷲掴みにします。また、連絡や書類の用意などもそつなくこなし、非常に丁寧かつスピーディな仕事をこなします。

先ほど触れた身だしなみについても、トップセールスマンはほぼ完璧で外見から「できる人オーラ」が溢れています。

現在活躍中のパーソナルトレーナーの経歴を見てみると、こうした営業マンや元経営者だったという方も多数います。これから就職するという場合、大きなライバルになり得るかもしれません。

パーソナルトレーナー就職で有利な条件③コンテスト入賞実績、インフルエンサー

トレーニングを趣味として取り組み始め、気づけばすっかりハマってしまう人の中には、ボディメイクを競い合うコンテストに出場する方もいます。

ボディメイクと聞くと「ボディビル」を想像しますが、ヘアスタイルや顔つき、全身のプロポーションのバランスを競う「フィジーク」というジャンルの大会が最近人気を集めています。

ボディメイクやフィットネスに関連する団体はいくつかあり、それによってフィジーク大会も区別されます。代表的なものでいうと、次の5団体(大会)が有名です。

・ベストボディジャパン(BBJ)
・サマースタイルアワード
・JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)
・NPCJ(一般社団法人NPCJ)
・JPC(日本フィジーク委員会)

これらの大会には、一般参加者はもちろん普段トレーナーとして活動している方も参戦します。その中で入賞・優勝実績があれば、パーソナルトレーナーの就職には文句なしで有利に働きます。

また、こうした大会実績者は「インフルエンサー」として知られる人もいます。InstagramやTwitterといったSNSでは多くのフォロワー数がいたり、あるいはyoutubeなど動画サイトでトレーニングコンテンツを配信しているフィジーカーもいます。

無資格者、あるいは独学でやって来た人も多いので研修は必須ですが、彼らはトレーニングへの見識は十分あり、しかも身だしなみやルックスも整っています。そして集客面でも高いポテンシャルを持っている点など、多くの点で評価の高い人材です。

3条件に当てはまらない人は、どうすればいいのか?

ルックス、営業力、実績。

この3つのいずれかを持っている方は、就職では非常に有利です。

彼らのようなスキルには、「無料カウンセリングなどで来店したお客様への成約率が高い」「お客様の継続率が高い」というパーソナルジムにとって非常にありがたい効果が期待できます。

これからパーソナルトレーナーとして就職活動を始めるなら、こうした強固なバックグラウンドを持っている人がライバルだという前提で準備をする必要があるでしょう。未経験者歓迎だからと言って無策に応募を繰り返しても、選考を通る可能性は非常に低いです。

今からできることは何でしょうか?まずルックス!今まであまり外見を意識してなかった方は、これを機に清潔感のある身だしなみを学び、実践する機会を持ちましょう!それ以外に、例えばお客様との接客をする機会が多いバイトをしてみるのもいいかもしれません。

スポーツクラブのバイトではフロント業務やインストラクターをする機会もあるので、実際に運動をしているお客様への対応や、ニーズを掴むきっかけを持つことができます。

そして、就職活動では次の2つの戦略をオススメします。

①大手のパーソナルジムに応募をする

TVCMやSNS広告などで目につく全国展開のパーソナルジムは、採用枠も広く未経験者も多く募集しています。大手ジムでも、平均年齢は20代後半〜30代前半と非常に若いのが特徴です。

中小規模のジムほど、採用数も絞っているので経験0の人は就職が難しいでしょう。ある意味一点突破を狙って、大手を受けていくという手段が有効かもしれません。

②パーソナルトレーナーの養成スクールで知識・実力を磨く

大手ジムだけに絞るという方法はややハイリスクなので、もう1つの方法、「パーソナルトレーナーの養成スクールに通う」こともオススメしています。

養成スクールでは2ヶ月〜1年という時間をかけて、パーソナルトレーナーに必要な知識・実技経験を集中的に学ぶことが可能です。その過程で、パーソナルトレーナーに関連する認定資格を取得する機会も設けられています。

未経験者から一歩抜きん出た存在になれるので、大きくチャンスは広がります。また、講師陣は現役のトレーナーも多いので、彼らから身なりやお客様とのコミュニケーションを学べることも大きな魅力です。

パーソナルトレーナーズプロより引用

2nd PASSでは週1回半年という期間で指導を行うので、現在学業で忙しい方、バイトをしている方にも通いやすい環境です。

全国のパーソナルジムと求人提携を結んでいるので、卒業後希望する方には就職斡旋の支援も行なっています。

これから就職を視野に勉強を始めたい方にとって非常にいい条件が揃っているので、気になる方はぜひ一度、ご相談ください!