パーソナルトレーナーはアルバイトでもなるのは大変?求人情報の現状

2017年12月13日

お客様とマンツーマンの指導を行い、ボディメイクやケアを行ってくれるパーソナルトレーナー。

最近では学生・社会人を問わずに「パーソナルトレーナーになりたい」という人は非常に増えています。

求人情報をのぞくと、アルバイト求人でもパーソナルトレーナーを募集しているページがあるわけですが、実際にアルバイトからパーソナルトレーナーになることは可能なのでしょうか?

全国展開もしている大手ジムの情報から、パーソナルトレーナーの求人状況をチェックしてみましょう!

大手パーソナルジムではアルバイトから社員登用を行なっているって本当?

トレーニングジムは、大きく「公共施設の体育館」「スポーツクラブ」そして「パーソナルトレーニングジム」の3種類に分けることができます。そのうち、パーソナルトレーナーを募集しているのは3つ目のパーソナルトレーニングジムです。

パーソナルトレーニングジムには、マンションの1室などの小スペースを借りて1人で経営している小規模ジムから、特定エリア内で複数店舗している中規模ジム、そしてTVCMなどでも目にするような全国展開の大手ジムの3種類があります。

この中で、アルバイト求人を出しているのは主に大手ジムです。中小規模のジムも求人を出している場合はありますが、求人サイトではなくもっとクローズドな場所で人を募集していることが目立ちます。

大手ジムの求人は、アルバイト・正社員の両方を募集しているジムがいくつかあります。例えば現在学生でアルバイトの求人に応募・合格した場合、アルバイト経験での勤務態度や成績(セッション数、お客様からの評価など)によって、社員登用の道もあります。

【参考】パーソナルトレーナーのバイト!仕事内容や募集要項、お給料を解説!

パーソナルジムの求人とスポーツクラブの「業務委託契約」は何が違う?

ちなみに、パーソナルトレーニングジムではなく、大手スポーツクラブでもパーソナルトレーナーの求人を募集していることがあります。

ここでのパーソナルトレーナーは、社員やアルバイトではなく「業務委託契約」という種類の募集がほとんどです。これは、スポーツクラブ内でセッションが行えるトレーナーとして登録され、セッション1回あたりでの報酬から、スポーツクラブへ手数料を支払うという形になります。

パーソナルトレーニングジムのアルバイトや社員募集の求人では、「未経験歓迎」という言葉を目にします。

「業務委託契約も、それと同じなのでは?」という思惑でパーソナルトレーナーになる方法を模索する方が意外と多いのですが、ハッキリ言って「未経験からの業務委託契約はムリ」と考えた方がいいでしょう。

その理由として、まずこういった業務委託契約を結ぶ場合、前提としてNESTAやNSCA、JATIなど一般人・アスリートへのコンディショニングやトレーニング指導の知識を修得できる資格の取得が必須だからです。

パーソナルトレーナーを名乗る上で、何か特別な資格が必要というわけではありません。しかし、業務委託を結ぶトレーナーは、そのままスポーツクラブへの評価に繋がることも少なくありません。

そういう意味では、一定レベル以上の知識があるトレーナーの方が望ましいのは当然と言えるでしょう。

ただし、こうした資格のいくつかは独学でも取得可能です。だからこそ、応募してくるトレーナーのほぼ全員が何らかのトレーナー経験、あるいは整体院などボディケアに関する業務経験を持っている方ばかりなのです。

こうした人材が集まる業務委託契約の募集で、完全未経験の方が残ることは非常に難しいでしょう。

そのため、パーソナルトレーナーとしてフリーランスや独立を考えている場合も、まずはパーソナルトレーニングジムに就職をして、実力と実績を積むというのがセオリーです。

【参考】パーソナルトレーナーの給料の実態!サラリーマンよりも稼げるの?

業界最大手のライザップは正社員のみの採用を実施

では、実際に大手パーソナルトレーニングジムの求人状況がどうなっているのか、見ていきましょう。ここでは、全国にジム展開をしている5つのジムをチェックしてみます。

まずはじめに紹介するのは、皆さんご存知の「ライザップ」です。

独特のBGMから流れるCM、華麗な返信を遂げる有名人のビフォー・アフターで一世を風靡したライザップは、2017年7月時点で全国116店舗、海外では上海、シンガポールなど5店舗をオープンしている、まさに業界最大手のジムです。

そんなライザップですが、アルバイトの求人は出していません。トレーナー、カウンセラーの職種がありますが、いずれも基本的に正社員での雇用となります。

採用ページを見てみると、新卒、第二新卒、中途採用の大きく3種類の人材を募集しています。どちらの場合も、会社説明会からのエントリーか、直接ネットからのエントリーを行い、面接を経て採用ということになります。

学生からアルバイトを積み、そこから社員登用を目指すことは難しいようです。

ちなみに、ライザップでは求める人材像として「技術修得への意欲がある人」「コミュニケーション、運動が好きな人」「人を喜ばせることが好きな人」という3条件を掲げています。

あえてトレーナー経験については触れられておらず、未経験でも応募が歓迎されていることが伺えます。

24/7ワークアウトはアルバイトからの正社員登用のチャンスあり

24/7ワークアウトは東北から九州にかけて、全国47店舗を展開している大手ジムです。facebookなどSNSやネット広告でその存在を知った人は多いのではないでしょうか?

24/7ワークアウトは、正社員、アルバイト・パートの2つの雇用形態でパーソナルトレーナーを募集しています。

ちなみに、24/7ワークアウトもライザップ同様、「元気な人」「向上心がある人」「スポーツ・トレーニングが好きな人」などが挙げられていて、未経験でも応募可能であることがわかります。

実際、応募ページを見ると3週間〜2ヶ月の研修期間を設けて、その後お客様へのセッションや指導に関わることになるようです。

24/7ワークアウトの求人ではアルバイトからの社員登用がはっきりと明記されているのも注目したいポイントです。学生からパーソナルトレーナーの道を目指したい人にとって、こうしたキャリアアップの手段が用意されていることは大きな魅力と言えるかもしれません。

中規模ジムの求人は間口が狭い?3ジムで検証

全国展開のパーソナルトレーニングジムの大手と言えば、先ほどの2ジムが圧倒的です。ここからは、主要都市などいくつかのエリアで展開している3つのジムを紹介しましょう。

その3ジムとは、XSLIM(エクスリム)、Shapes(シェイプス)、es three(エススリー)の3店舗です。
いずれも、関東や関西などの主要都市を中心に10店舗以上など複数店舗をオープンさせています。

ただし、この規模のジム出会っても、かなり求人情報を探すのは難しくなってきます。XSLIMが出している求人は社員登用も見据えた契約社員、女性専用ジムであるShapesは正社員、そしてes threeでは業務委託、契約社員の2つの雇用形態の募集となります。

こうした求人情報は、繁忙期などシーズンに合わせてその求人数も変わりますが、雇用形態はそれほど変化がありません。

これらの3ジムも未経験OKという募集条件を出していますが、es threeの業務委託でわかるように、経験者が優遇されるような募集であることが伺えます。経営するジムの店舗数が減ればその分採用枠も減るので、実はアルバイトでも、パーソナルトレーナーを目指すのは大変と言えるかもしれません。

パーソナルトレーナーズプロより引用

アルバイトからでもパーソナルトレーナーになるのは大変?

大手ジム、そして中規模ジムの求人情報を見てみましたが、そこから分かるのは「パーソナルトレーナーになる道は、アルバイトでさえ間口が狭い」という点です。

冒頭でも述べた通り、パーソナルトレーナーは無資格でも名乗ることができる職業ですが、お客様のダイエット、ボディメイクだけでなく体の悩みや痛みの改善につながるアドバイスができるなど、まぎれもない「専門職」です。

未経験OKの応募に対しても、トレーナー経験が豊富な人材が多く集まります。その中で「未経験」なまま求人を勝ち取るには、それなりのタレント性が不可欠と言えるでしょう。

【参考】パーソナルトレーナーの就職に有利な3条件!実際にジムに聞いてみた

それに、今回紹介した以外のいわゆる小規模で運営しているジムの多くは、ネットで検索できる求人サイトに人材を募集していない状態がかなり多いという実態もあります。こうしたジムは、信頼できる紹介先から、しっかりと教育を受けた即戦力を採用できるようなパイプを持っているのです。

もしこれからアルバイトを通じてパーソナルトレーナーを目指す方は、大手ジムへの募集にチャレンジするか、あるいは全く別の路線からトレーナーへの道を目指す必要があります。

未経験という肩書きから「即戦力」という肩書きを手に入れて、パーソナルトレーナーという専門職への道を開きたいと考えている方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。2nd PASSには、この2つの道がしっかりと用意されています。