年齢を理由にパーソナルトレーナーを諦める前に【2020年最新版】

2020年10月23日

「パーソナルトレーナーに年齢のボーダーラインはありますか?」

こういった質問が2ndPASSにはしばしば来ます。結論から言うと年齢で迷う必要はありません!

何故パーソナルトレーナーになる上で年齢が関係はないのか、何が必要とされるのか?を解説して参ります!

これからトレーナーへの就職や、転職を考えている方の参考になれば幸いです!

なぜパーソナルトレーナーになるとき年齢を気にしすぎなくて良いのか?

 

パーソナルトレーナー 年齢

 

2ndPASSには月間100名以上のパーソナルトレーナーを目指す方からご相談が届きます。よく頂く質問の1つが年齢についてです。

などなど、本当に多くのご質問頂きます。

 

結論、パーソナルトレーナーを目指すのに年齢を気にする必要は一切ありません!

 

2ndPASSの生徒の皆さんの平均年齢は20代後半ではありますが、30代、40代、50代の年齢の方も全く珍しい話ではありません。50代の主婦の方が2ndPASSに通い、就職していった例もあるくらいで、年齢ではなく実力を評価される職業だと言えます。

 

そして2020年、ついに『60代』の生徒さんがご入学されました!年齢を不安に思うどころか新しいチャレンジにワクワクしている姿を見て、なんだかこちらが勇気をもらうほどです。

 

「年齢が高いことのメリット」

 

高齢 トレーニング

 

パーソナルトレーナーの活躍の場はスポーツ現場ばかりではなく、高齢者の健康サポートや運動指導にも広がりつつあります。

 

高齢者にとって担当トレーナーの年齢が若すぎると、トレーニング以外の「何気ない会話」などコミュニケーションが難しくなることが少なくありません。

 

同年代のパーソナルトレーナーからの指導は心理的なハードルが低く、トレーナーとお客様のあいだで「共感性」が生まれやすく重宝されます。シニア世代に向けたパーソナルトレーナーの需要は増すばかりなので、年齢が高いことはむしろチャンスと言えるでしょう。

 

大切にすべきものは年齢ではなく実力!

 

パーソナルトレーナー 実力

 

パーソナルトレーナーは、「若いほど良い、年齢が高ければダメ」ということはありません。年齢はさほど重要ではないのです。

 

パーソナルトレーナーにとって年齢よりも大事なのは『実力』。
そして実力は、

  1. 『知識・技術』
  2. 『資格』
  3. 『コミュニケーション』
  4. 『ビジネススキル』

に大きく分けて考えることができます。

 

1.「知識・技術」

 

など

 

知識・技術はパーソナルトレーナーにとっての商品価値そのものです。磨かないことはありえませんし、年齢関係なく、やればやるほど積みあがっていくもの。知識技術を習得しないパーソナルトレーナーは通用しません。


解剖学・運動生理学・栄養学などに基づいた根拠のあるトレーニング・食事の指導が求められます。知識技術は「知るか・知らないか」の話であり「年齢」はパーソナルトレーナーへの夢を諦める理由にはなりません。

 

2.「資格」

 

資格を通して知識技術を身に付けることは出来ますが、もっと大きな意味は『ライセンス保有』です。お客様に向けて資格を保有していることをアピール出来るのは信頼に繋がり、就職・転職にも有利に働きます

 

さらにフリーランスで働く場合は特定のパーソナルトレーナー資格を保有していないと活動させてくれない施設が多いので、必ず取得しておくべきでしょう。


「18歳以上」「20歳以上」など取得条件に年齢がある資格もありますが、「~歳までに取得していなければNG」という資格はほとんどありません。一般的な社会人の年齢であればどなたでも資格取得ができます。

 

3.「コミュニケーション」

 

コミュニケーション トレーニング

 

パーソナルトレーナーは『接客・サービス業』でもあります。お客様に楽しく、気持ちよく運動を取り入れてもらってなんぼです。そのための『コミュニケーション力』は、人気パーソナルトレーナーになる上で必須スキルになります。

 

ここ数年ジムは急増し、お客様はたくさんのジムから1つを選びます。いくつかのジムで体験トレーニングに行き、メニューを比較検討しながらお客様は自分に合ったジムやパーソナルトレーナーを選びます。

 

体験トレーニングや初回カウンセリングでお客様に「ここのジムなら通いたい」と思ってもらえる接客が求められます。

 

自分の知識・スキル・能力を知ってもらう場面を始め、あらゆる状況でコミュニケーションスキルは役に立つのです。

 

4.「ビジネススキル」

 

知識技術・資格、更にコミュニケーション力もある。そうなったらパーソナルトレーナーとして申し分ありませんが、欲を言えばもう1つ身に付けたいのが『ビジネススキル』です。


パーソナルトレーナーとして優秀なだけでなく、自分を売り込むことまでできると、ビジネスとして成功できるのです。まずはトレーナーとして充分なスキルを学ぶことが優先ですが、将来的には必ずビジネスの勉強をすることをおすすめします。

 

パーソナルトレーナーってどのくらい稼げるの?ジムのインストラクターと比較

 

収入 パーソナルトレーナー

 

インストラクター

 

正社員や業務委託で入社する場合は、会社にも寄りますが、スポーツクラブなどインストラクター正社員の初任給は18万円~25万円ほど。年収は、約250万円~500万円。会社によっては資格を取得すると手当が支給され、インストラクターの資格があると昇給する仕組みになっているところもあります。

 

また、他業界の一般的な初任給と比べると少し高い水準に設定される傾向にあります。フィットネスクラブやスポーツジムは営業時間が長く土日祝日なども営業しますから、不規則な勤務になる事が考慮されているようです。


パーソナルトレーナー

 

パーソナルジムの場合も初任給は18万円~25万円ほどの幅です。ただ、その後の給料の上がり方が、入社するジムによって全く異なります。

 

「固定給」「固定給+出来高」「出来高のみ」など、ジムによって様々です。

 

その為、パーソナルジムへの就職の場合は事前に求人をよく確認し、自分の希望となるべく近い所へ就職するのが良いです。2ndPASSの就職支援でも、給与形態を慎重に選ぶ人は多くいらっしゃいます。

 

フリーランス・個人事業主

 

またフリーランスの場合の収入は完全に自分次第!

 

自分が設定した料金×パーソナルトレーニング件数(お客様の数など)が売上となり、そこから場所代などの諸経費を引いた金額が手元に残ります。どのように自分のビジネスを設計するかによって、収入が変わります。個人事業主だからこそ、パーソナルトレーナーはビジネスを学ぶ必要性がありますね。

 

フリーランストレーナーの収入例

 

収入 計算 トレーナー


5,000円
(1セッションの料金)×100セッション(13人のお客様が週に2回トレーニングに来る計算)-20万円(レンタル代)=30万円

 

1セッションあたりの料金は安いと4,000円~10,000円と幅広いですが、この料金の幅は自身のパーソナルトレーナーとしての実力やブランディングで決めるものであり、決して年齢だけで決まることではありません。

 

トレーナー業界の将来性

 

未来 将来性 パーソナルトレーナー

 

パーソナルトレーナーの一般的なイメージとして

などが挙げられます。

 

短期間で効果が出ることから、結婚式などのイベントに向けてパーソナルトレーナーのもとへ通うお客様も実際多くいらっしゃいます。

 

ただ、パーソナルトレーナーという職業が秘めている可能性は、これだけではありません。

 

そもそも、パーソナルトレーナーは『ヘルスケアに関する専門知識・技術を持つ専門家』だと言えます。

 

さらに、『一般の方の生活に一番近いヘルスケアの専門家』ということもできます。

 

パーソナルトレーナーはスポーツトレーナーのような国家資格がない職業なので、働き方や活動場所などが自由です。そのため、医療現場やトップスポーツ現場で活動することが前提の国家資格所持者よりも一般の方の生活に深く入り込んで運動を教えることが出来ます。

 

例えば

などなど。『ヘルスケア×〇〇』という仕事の組み合わせは無限大です。

 

さらに、既に始まりつつある後期高齢化社会において、民間のフィットネス業界が担う役割はとても大きいです。高齢者が増えてきて、全員が医療にかかってしまうと、間違いなく日本の社会保障制度は破綻します。

 

病院に行かなくて済むように『予防』することが非常に大切になるのです。怪我や病気を起こす前に、パーソナルトレーナーが高齢者の運動指導をすることの需要は今後期待できる業界と言えるでしょう。

 

まとめ

 

パーソナルトレーナーをこれから目指すとき、「年齢で迷う必要はない」ことについてまとめていきました。

 

パーソナルトレーナーに必要なのはスキル・資格・コミュニケーションなど年齢以外であり、今後の高齢者の増える日本社会ではむしろ年齢がプラスに働くことも!

 

パーソナルトレーナーという職業について詳しくはこちら

【総まとめ】パーソナルトレーナーになりたい人へ「収入・仕事・転職」

 

2ndPASSパーソナルトレーナー養成スクールでは様々な年齢の方が通われているので、「もっと詳しく知りたい」という方はお気軽に無料で資料請求してみてください!