NESTAスペシャリスト資格一覧のご紹介。NESTA-PFTの更新にも!

NESTAスペシャリスト資格 2020年08月23日

世界のフィットネス市場で広く認められるNESTA(ネスタ)認定資格。パーソナルトレーナー向けのNESTA-PFTの他に、より専門的なスペシャリスト資格というものがあります。

 

PFT資格はパーソナルトレーナーに向けた資格ですがスペシャリスト資格はインストラクターの方や、自分自身の健康が気になる方など、18歳以上であればどなたでも取得ができます。

 

今回はそんなNESTAスペシャリスト資格の一覧、内容や取得方法をご紹介します。

 

NESTA スペシャリスト資格とは?

 

NESTAスペシャリスト

 

NESTAとは『全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会』というアメリカの団体の略称。「NESTA スペシャリスト資格」とは、多種多様なニーズのクライアント様に対応できるように作られた専門的な資格です。NESTA JAPANが試験の運営をしているため、NESTA-PFTと同じく日本国内で受講が可能。

 

子供や高齢者に向けた年齢別プログラムや水泳・テニス等の競技別プログラム、更には自衛官向けトレーニング指導のミリタリープログラムまであり、幅広くカバーしています。

 

合計で23種類のスペシャリスト資格があり、トレーナーそれぞれの活動にあった資格を取得することで自信のスキルアップと、クライアント様への信頼獲得につながります。

 

またパーソナルトレーナー資格であるNESTA-PFTには4年間の有効期限があり更新が必要。NESTAスペシャリスト資格はNESTA-PFTの更新にも役立ちます。

 

「そろそろNESTA-PFT資格の更新期限が近いかも?」と感じている方もチェックしてみて下さい!

 

NESTA-PFT資格に関しては別の記事がありますので、そちらもご覧ください。

NESTA-PFT資格とはどんな資格なのか?認定アカデミーが解説します!

 

NESTAスペシャリスト資格の種類一覧

 

合計23種類ある資格を以下6つのカテゴリーにまとめてみました。スポーツトレーナーやインストラクターなど、自分のお仕事に当てはまるものを探してみましょう!

 

トレーニング指導だけでなく、経営マネジメントスキルに関する資格まであります。これからパーソナルトレーナーとして独立する方や、フリーのトレーナーになる上で集客を学びたい人にとってもメリットがあると言えるでしょう。

 

NESTAスペシャリスト資格一覧

 

  1. インストラクター系(5種)
  2. 健康・栄養・美容(5種)
  3. フィットネス経営・マネジメント(2種)
  4. キッズ、高齢者への指導(5種)
  5. 特殊なもの(3種)
  6. より専門的なトレーニング(3種)

 

1.インストラクター系

 

水泳・テニス・ゴルフは名前を見れば何となくイメージできますね。初心者から上級者のお客様まで、科学的理論に基づいた指導スキルを学びます。

 

「スポーツパフォーマンススペシャリスト」は様々なスポーツを行う上で必要となる身体能力の向上をはかる資格です。「瞬発力」「敏捷性」「反応力」「持久力」をもとにプロアスリートのトレーニング指導が学べます。

 

「ウェイトマネジメントスペシャリスト」はウェイト(体重)管理の理解を深めるスペシャリスト資格です。単に体重の数値を落とすのではなく、健康的なエクササイズを学びます。おしゃれに服を着こなすためにダイエットしたは良いものの、健康を損なっては嫌ですよね。エクササイズ・食事にとどまらず、ダイエットで向き合うべき心の持ち方なども兼ね備えていることが証明できます。

 

2.健康・栄養・美容

 

「糖尿病予防」は難しく聞こえますが、全てのトレーナーが持つべき知識です。糖尿病患者の8割は生活習慣の乱れが原因の「2型糖尿病」。運動・食事の指導をするトレーナーはお客様の生活習慣を改善することで糖尿病を未然に防ぐことが見込めます。

 

特に高齢者のお客様にはこういった疾患を持つお客様もいらっしゃいます。幅広い年齢層の方に対応できるトレーナーになるためにこの資格は大いに役立ちます。

 

「バックペインリリーフ」とは腰痛改善に特化した資格です。日本人の8割は腰痛を経験すると言われており、腰痛の予防・改善を解剖学的根拠をもって対応できるトレーナーはかなり需要が高いと考えられます。

 

「フィットネスニュートリション」は一言でいうと「栄養学」です。トレーナーはもちろん、「食」の勉強がしたい人にもオススメの資格です。こどもの発育のために「食」の勉強をあらためてするのも良いでしょう!間違ったダイエット情報が多く出回る世界で、そういった情報にまどわされないためには「栄養学」の知識は非常に役立ちます。

 

「パワーサプリメント」サプリメントに関しても世間ではその種類の多さに「どれを選べば良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか?栄養学の基本を抑えながら、目的にあわせたサプリメント選びなどを、国内サプリメントの第一人者から学ぶことができる資格です。

 

「ダイエット・ビューティースペシャリスト」健康と美を兼ね備えたダイエットに必要な知識を学びます。女性を主なターゲットとしてトレーニング指導をされている方はまずこちらを取得しておくと良いでしょう。

 

3.フィットネス経営・マネジメント

 

パーソナルトレーナーにはビジネススキルが欠かせません。ビジネススキルはトレーナーとしての優れた知識・スキルという「あなたの価値」を世の中に伝える手段です。

 

フィットネスクラブでのマネジメント業務には「クラブマネジメントスペシャリスト」がおすすめ。今後、業務委託やフリーランスでパーソナルトレーナー活動を視野に入れている方には「フィットネスセールスディレクター」がおすすめです。

 

4.キッズ、高齢者へのトレーニング指導

 

年齢に応じてトレーニング内容は大きく変わってきます。こどもの発育段階にあわせた適切なキッズトレーニング指導は上の3つ。

 

更年期の女性の繊細な悩みに特化したのが「ウィメン45+スペシャリスト」

 

高齢者のトレーニング施設あるいは介護施設で活躍する人には「シニア・フィットネストレーナー」取得を考えてみると良いでしょう。

 

5.特殊な人々へ指導するタイプ

 

名前の通り、少し特殊な資格になります。ダイエットや健康維持や趣味の延長でトレーニングを行うお客さまは多くいらっしゃいます、その一方で、アスリートや自衛官・警察官・消防士のような自分の限界に挑戦するようなトレーニングをする方も存在します。

 

3つとも共通のオリジナルプログラム「スペシャルオペレーションフォース」で学ぶ資格になりますが、注意点にトレーニング習慣がある方、専用の内容となります。初心者でも参加できるスペシャル資格は多くありましたが、上記3つの資格は受講前にご確認を!

 

6.より専門的なトレーニング指導

 

「ファンクショナルアナトミー」とは「機能解剖学」のこと。解剖学をもとにした人体の仕組みからさらに関節・筋肉はどういった「動き」をするのかを実際のトレーニングに落とし込んで学びます。

 

「カーディオフィットネス」Cardioとは「心臓」の意味。心肺機能の改善・向上をするための知識とスキルを証明する資格です。心肺機能についての知識を深めることでアスリートのお客様はもちろん、心臓が弱い高齢者のお客様にも適切な運動強度でトレーニング指導を行う事ができます。

 

「メンタルフィットネス」「心と体を癒す」ことをコンセプトにした資格。ストレスを抱える人の多い社会においてトレーナーがお客様の心の悩みまでも見抜き、体力向上だけでなく癒しのケアも学びます。

 

合計23種類の資格を簡単にご紹介しました。気になる資格やもっと詳しく知りたい方は以下の公式ホームページへ。

https://www.nesta-gfj.com/specialist/

 

資格を取得するメリット・どんな人に向いているのか

 

パーソナルトレーナー 信頼

 

資格を持っていることはクライアント様に大きな「信頼」を与えます。

 

NESTAスペシャリストは上述の通り、色々なニーズに合わせた資格が揃っています。各分野の専門性を高めることで、トレーナーとしてのスキルアップができ、お客様に提供出来るサービスの向上が望めます。

 

現在、パーソナルトレーナーやスポーツインストラクターの業界において

「この資格が無ければトレーナーの仕事が出来ません」

というトレーナー活動に必須な国家資格はありません。そのため資格がなくても、実質トレーナー活動が可能です。

 

医者には医師免許、美容師には美容師免許という国家資格が必要不可欠であるのに対し、パーソナルトレーナーやインストラクターは人気や実力さえあれば活動ができるということです。その反面これはトレーナーのそれぞれの経験によって、提供できるサービスの質ににバラつきがあることを意味します。(無資格でも勉強熱心で優秀なトレーナーもいます。)

 

しかし資格を持つことで「科学的な根拠」に裏付けされたアドバイスをお客様に出来るようになるのです。パーソナルトレーナーに限らず、インストラクターの方々も今から試験を申し込んで積極的に資格を取得することをおすすめします。

 

資格の取得方法・費用

 

受験資格は18歳以上であること!これだけです。NESTA-PFT資格を持っていなくても受講可能。

 

NESTA-PFT資格をお持ちの方は、スペシャリスト資格を1つ取れば資格の更新が可能です。NESTAスペシャリスト資格1つにつき、NESTA-PFTの継続教育プログラム5.0単位として認められるからです。

 

NESTA-PFTは資格更新が必要ですが、NESTAスペシャリスト資格は更新不要!受験に必要な費用が下記の通りです。

受講料金¥63,000(税込み)(NESTAメンバーシップ会員価格 ¥59,000税込み)

 

講座について

2日間で合計16時間の講義を指定の会場で受けるカリキュラムとなっており、認定試験は在宅受験です。2日間の講習終了後に試験問題と解答用紙が渡されるので、これを7日以内に提出します。

 

NESTAは締め切りに厳しいので気を付けましょう。試験の採点をアメリカで行っているため、期限をしっかり守ってテスト答案を事務局へ送ります。

 

在宅試験は全て4択の選択問題です。正答率80%で合格となります。

 

まとめ

 

NESTA 2ndPASS

 

合計23種類と充実したコンテンツがNESTA スペシャリスト資格にあることがお分かり頂けたのではないでしょうか?

 

自分のトレーナー活動にあった資格を選び、トレーナーとしてのキャリアを次のステップに進めていきましょう!