2021.08.24

【リスクを下げる】ジム開業する前に知っておきたいこと

パーソナルトレーナー

「パーソナルジムの開業って何から始めれば良いんだろう?」

 

「いつかジムを開業したいけど、なるべく失敗しない方法が知りたい」

 

こうした疑問にお答えします。

 

パーソナルジムに限らず、開業にかかる費用は安くはなく、当然リスクはつきもの。

特にお金のリスクはできるだけ抑えたいものですよね。

 

本記事ではパーソナルトレーナーの人がジムを開業する前に知っておいた方が良いこと、考えた方が良いことをまとめていきます。

 

「ある程度トレーナー経験はあるけど、なかなか起業の一歩を踏み出せない」

「将来的に自分のジムを持ちたいので、今のうちに色々勉強しておきたい」

「資金がそこそこ貯まってきたので、ジム開業をしてみたい」

 

そんな方々の参考になれば幸いです!

 

ジム開業で失敗しないために知っておきたいこと

 

 

ジム開業で失敗しないために知っておきたいこと

 

当たり前なことではありますが、ジムの開業でまず大切なことは準備に時間をかけることです。

 

しかし準備不足でジム開業をしてしまうケースは意外にも少なくありません。

開業の準備不足が起こる主な原因に、「ジム開業がゴールになってしまうこと」があります。

 

ジム開業はあくまでスタートラインであり、ゴールにならないように注意し、入念な準備をしておきましょう。

 

ジム開業前の準備不足により起こる問題として以下のような例が挙げられます。

 

「ジムを開業したものの、お客さまがなかなか集まらず困ってしまった。」

「お客さまは来てくれるけど、思ったほどリピートしてもらえなかった。」

「お客さまは来てくれてリピートもあるにも関わらず、なかなか経営が黒字化できない。」

 

これら問題の共通点は「開業する前に集客戦略が整っていないこと」にあります。つまり準備です。

 

ジムを開業すると人件費やジムの家賃など、経営のためのさまざまな費用(ランニングコスト)が、売り上げのあるなしに関わらず発生し続けます。

 

資金的に厳しい状態で

「どうやって集客しよう」

「何がなんでもお客さまを集めなければ」

 

こうした状況での経営は資金面のみでなく、経営者の精神的にも辛いでしょう。

 

できることならこうしたジム開業前に対策できるリスクは避けたいものですよね?

 

もちろん、どれだけ入念な準備をしても実際にジムを開業してみないと分からないこともあります。

 

しかし、開業する前に想定出来る限りのリスクの種を解消しておくからこそ、開業した後に想定外の問題に対処する時間を作ることができるのです!

 

ではどういったことを準備すれば良いのか?

 

資金、開業方法、ジム開業後の経営に必要なスキルなど1つ1つ解説していきます!

 

必要な資金は?

 

ジム 開業 資金

 

ジム開業をする上でかかる資金は初期費用とランニングコスト(運転資金)の大きく2つに分けることができます。

 

それぞれがどんな費用なのかチェックし、「何に、どれくらいコストがかかるのか?」をチェックしておきましょう。

 

初期費用(イニシャルコスト)

 

開業 イニシャルコスト 費用

 

ジム開業にはおよそ300~400万円の費用が必要です。

 

ジムの開設にかかる初期費用の300~400万円の内訳は以下のとおりです。

(開業するジムの規模やエリアによって異なります。)

 

  • 内装費 50~80万円
  • 集客準備 30~50万円
  • 物件費用 家賃×5か月分
  • マシン 約50万円
  • キャンペーン費用 (値引き額×人数)

 

物件費用の家賃などは都心か、地方で開業するかによって倍以上の差が出てきます。

 

また自宅マンションの1室をプライベートジムにするのか、賃貸でテナントスペースを借りてジムを開業するのかによっても大きく変わります。

 

1部屋分のスペースからでも開業できるのがパーソナルジム事業の参入しやすいところ。

(※マンションの1室を使って行うパーソナルジム開業はここ数年、厳しくなりつつあります。主に騒音問題などが理由に挙げられ、不動産業者はパーソナルトレーニング目的の利用者に厳しいので気を付けましょう。)

 

そして初期費用に加え、もう一つかかるのがランニングコスト(運転資金)です。

 

ランニングコスト(運転資金)

 

ランニングコスト

 

およそ目安として70~80万円のランニングコストがジム経営には毎月かかります。

 

毎月のランニングコストを支払えるように安定した資金繰りができる準備しておきましょう。

 

以下の内容がランニングコストに当てはまります。

 

  • 人件費 (1人の従業員につき20万円~)
  • 家賃 (物件によって異なる。)
  • 広告費(集客コスト)
  • その他、ジムの維持費

 

ランニングコストは大きく固定費変動費の2つに分けて考えることができます。

 

固定費は家賃や人件費など、基本的に大きく下げることができないコストであり、ランニングコストのうちの約60%を占めます。

 

対して変動費は広告やPRなどにかかる費用で、やり方によっては費用を抑えることができます。

 

例えば集客を広告に頼りすぎると、よりランニングコストがかかり資金を圧迫してしまいます。

そのため開業前から広告以外にも集客できる見込みを準備しておくと良いでしょう。

 

Web集客や口コミ集客など、複数の集客方法を準備しておくと「ランニングコストが払えない」といったリスクを回避できます

 

ランニングコストは開業したタイミングで4か月分は用意できているのが理想と言われています。

 

(2ndPASSパーソナルトレーナースクールの調査でも、コロナ禍の波を越えられたパーソナルジムは最低でも4か月分のランニングコストは確保しているという共通点がありました。)

 

300~400万円の初期費用と、ランニングコスト280万円(70万円×4か月分)

少なく見積もって600万ほどジム開業にかかります。

 

これだけの資金を貯金で用意するのはかなり厳しいので 、事業計画書を用意し、銀行や投資家からお金を借りることで、リスクを抑えた開業をスタートすることが望ましいと言えます。

 

ジム開業、主な2つの方法

 

ジム 開業 方法

 

ジム開業には主に「起業」と「フランチャイズ加盟」の2つのやり方があります。

 

それぞれコスト、リスクや経営の仕方が変わってくるので、あなたにあったジム開業はどちらか考えてみましょう。

 

自分で起業する

 

ジム 起業 個人

 

「どんなジムにするか?」

「年収はどれくらい稼ぎたいか?」

「どれくらいの規模のジムにするのか?」

 

あなたご自身が起業してジム開業するなら、これら全てをあなたが自由に決めることができます

 

前の章で説明した通り起業するとき、銀行や投資家から融資を受けて開業資金を集めるのが基本です。

融資を受けるためには事業計画書を作成する必要があります。(ここでも「準備の大切さ」が分かります。)

 

起業する場合に自分で決めることはおよそ以下の通りです。

 

  • どんなお客さまを集めたいか(ターゲティング)
  • ジムのコンセプトや強み(ブランディング)
  • マシンや機材はどんなものにするのか
  • WebサイトやSNSの作成
  • 競合ジムとの差別化
  • トレーニングの価格
  • 営業時間

などなどたくさんありますね。

 

自由に決めることができるからこそ、全ての責任が自分にあるのが「起業」です。

 

一方で起業に対して、経営やマネジメントなどオーナー業のみをメインに行う「フランチャイズ加盟」というやり方があります。

 

フランチャイズ加盟して開業

 

ジム フランチャイズ 開業

 

フランチャイズ本部(フランチャイザー)に加盟金を支払い、オーナー(フランチャイジー)としてジム開業をする方法です。

 

デメリット

  • 自分で起業するパターンと比べ、自由度が下がる。(ブランディング、トレーニング単価、サービス内容など)
  • 他のフランチャイズ店舗の問題から、マイナスのイメージを受ける場合がある。
  • 売り上げに関わらず毎月、本部にロイヤリティを支払う必要がある。

 

メリット

  • 0から集客する必要がない
  • 起業と比較して費用を抑えられる
  • フランチャイズ本部のブランドやビジネスモデルを活用して経営できる(ジムの運営に集中できる)

 

フランチャイズ加盟と起業の主な違いは、このようにコストと自由度にあります。

 

起業であれば自由にジムのコンセプトを決められますが、フランチャイズ加盟の場合は本部のブランディングに従う必要があります。

 

その反面、本部が用意したビジネスモデルを活用できるので、開業した後はジムの管理などオーナー業に時間を割くことができます。

 

ジム開業する前に抑えておくべきスキル

 

トレーナー スキル

 

ジム開業後の経営で主に必要なスキルを3つ紹介します。

「いつかはジムを開業したい」

「いますぐにでも開業したいけど、まだ不安なところがある」

 

といった方は以下の3つをチェックしてみて、準備不足なところがないか参考にしてみましょう。

 

集客スキル

 

 

集客は主に3つの方法が挙げられます。

 

  1. 口コミ
  2. SNS集客
  3. Web集客

 

1.口コミ

口コミ集客はトレーニング現場の満足度から主に生まれます。

 

既にパーソナルトレーニングのお仕事をされている方であれば、今のお客さまからどれくらい口コミ集客が発生しているか計算してみることで確認できます。

 

口コミによる集客をこちらから促す方法の1つに「紹介割引」などのキャンペーンがあります。

 

2.SNS集客

SNS集客はFacebookやインスタグラムなどで継続的に発信することで、お客さまにあなたのジムを知ってもらうことから始まる集客方法です。

「どんな雰囲気のジムなんだろう」

「筋トレ初心者の私でもパーソナルトレーニングはできるのかな?」

「スポーツの経験がない私でも大丈夫かな?」

 

こうしたお客さまの疑問点、不安を解消する材料を普段のSNS発信で知ってもらい、問い合わせに繫げていく集客方法です。

 

※注意点

ジムのこだわりや、トレーナー自身の日々の日常を発信される方もいらっしゃいますが、集客を目的とするのであれば「お客さまの疑問点」を軸に発信することが求められます。(顧客視点)

 

3.Web集客

Web集客はHPやGoogle広告から、お客さまに知ってもらい集客に繋げる方法です。

 

お客さまの年齢層によっては上記の「SNSを普段あまり見ない」といった方もいるので、ターゲットとするお客様にとって身近な媒体を集客経路に選んでいきましょう。

 

Web集客には

  • リスティング広告(広告費をGoogleに支払い、検索画面に表示させる方法)
  • SEO(広告費をかけずにGoogle検索画面に表示させる方法)
  • MEO(Google検索画面にマップであなたのジムが表示される方法)

など多様な方法があります。

 

特にジムを開業する上で、「パーソナルトレーニング 地名」で検索する方は多いので、MEOに関する知識は開業前に準備しておくことをオススメします。

これはお客さまがトレーニングジムを探す際「通いやすさ」を大事にすることが多くあるからです。

 

MEO設定に関しては「Googleマイビジネス」

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

に登録することで無料で始められるので、集客コストを下げるためにもぜひ開業したジムを登録しておきましょう。

 

トレーナースキル

 

セカンドパス 東京

 

優秀なトレーナーを雇うために、経営者自身もトレーナースキルは持っていおいた方が望ましいでしょう。

 

「経営のみに時間を割き、現場でのトレーニングはトレーナーに任せる」

といったことも可能ですが、それができるのがある程度の従業員を確保してからの段階です

 

具体的には

  • 解剖学や栄養学などの知識
  • トレーニング指導の実技スキル
  • お客様とのコミュニケーションスキル

などが挙げられます。

 

上記のスキルはどれか一つでも欠けているのは望ましくありません。すべてが大切です。

例えば、解剖学に基づいた根拠ある知識が無ければ、効果的なトレーニング指導はできません。

 

怪我をさせてしまえばジムの経営に関わるのでトレーナースキルは欠かせません。

 

資格

 

パーソナルトレーナー スクール 資格

 

上記のスキルを裏付ける根拠として資格を持っておくことも強くオススメします。

 

「資格を持っているトレーナー」と「資格を持っていないトレーナー」

お客さまの視点から考えると、圧倒的に有資格トレーナーの方がお客さまに安心感を与えます。

 

一般的なお客さまは「トレーナーのスキルがどれだけ優れているのか?」を判断することができません。

 

  • ジムの雰囲気
  • トレーナーとお客さまの性格などの相性

 

などを基準にお客さまはジムやトレーナーを選びます。

 

パーソナルトレーニングを前向きに考えている方は「他のジムの体験トレーニングも見学している」ことを前提に考えましょう。

 

※トレーナースキルと国際資格が取得できるパーソナルトレーナースクール2ndPASSはこちら

2ndPASS(セカンドパス)について

 

【パーソナルトレーナーの資格について詳細はこちら】

 

どんな場所に店舗を開こう

 

どんな場所に店舗を開こう

 

ジム開業を都心でするか、地方でするか?

 

開業エリア選びはパーソナルジム開業後の集客に大きく関わります。

 

都心と地方で開業する場合、それぞれどのような特徴があるのかまとめていきます。

 

地方でジム開業

 

地方はブルーオーシャンと言われる競争相手の少ない市場であるため、開業未経験者にもおすすめできるエリアだと言えます。

 

すでにパーソナルジムが普及しているエリアもありますが、都心と比べれば競合ジムは少なく

「まずは地方でジム経営をし、実績やジム経営スキルに自信が出てきてから都心部に新たにジムを出す」という長期的な計画を持っておくのも良いでしょう。

 

また資金の部分で説明したランニングコストに関わる「家賃」も地方であれば大幅に削減できます。ジム経営する上で家賃や土地代は運転資金の多くを占めるので、これは大きな違いです。

 

ただあまりにも田舎すぎる場所に開業してしまうと、集客できないというリスクがあります。

 

エリア選定する際に、フィットネス人口がどれくらいいるのか調査を行う必要があります。

 

都心でジム開業

 

結論、都心でのジム開業はハードルが高いです。

 

都心のジム経営が難しい理由は主に2つあります。

 

  • 費用
  • 競合が多く、差別化が難しい

 

都心でジム開業するとき、そもそもの土地代や家賃が高くランニングコストのための資金繰りも必要になります。

 

そのため「他のエリアであれば家賃を払える売り上げはあったのに、都心部に開業したが故にうまくいかなかった」

といった例は少なくありません。

 

また都心でのジム経営は地方以上にジムの差別化をすることが求められます。

 

ここ数年で総合型フィットネスクラブやスポーツジムなどの数も多様性も大きく広がりました。

 

  • 2010年代に日本で広まった24時間の「エニタイムフィットネス」
  • パーソナルトレーニングジム「ライザップ」

 

などからフィットネス産業の波が始まり

  • 音楽に合わせた暗闇フィットネス
  • 楽しく痩せるキックボクササイズ

 

このようにジムの数だけでなく、ジムの種類も多様化しています。

 

多数のフィットネスジムが競争する都心で、お客様が「他のジムではなく、あなたのジムを選ぶ理由」を明確にする必要があるのです。

 

単純にパーソナルトレーナーのスキルだけでなく、経営面のスキルが都心でのジム開業には求められます。

 

だからこそ開業する前に、他の競合フィットネスジムに負けないよう戦略策定・準備をする必要があるのです。

 

パーソナルトレーニング業界について

 

パーソナルトレーニング業界について

 

これからパーソナルジムを開業する上で「そもそもフィットネスやパーソナルトレーニング業界は今後どうなんだろう?」

といった不安は誰しも少なからず感じることでしょう。

 

コロナ禍において新型コロナウィルスによる「フィットネス業界への影響」は注目の的になりました。

 

コロナの影響はどうなの?

 

コロナの影響はどうなの?

 

フィットネス業界は新型コロナウィルスの影響を大きく受けました。

 

多くの人が出入りするスポーツクラブやフィットネスクラブは休業・閉鎖をするところが相次ぎました。

 

しかし一方でパーソナルトレーニング業界に限っては一時的な経営面でのダメージはあっても、回復しているジムが多い状況です。

 

コロナ禍におけるフィットネス業界の問題に「不特定多数の人の出入り」が主な論点になりました。

 

パーソナルトレーニング業界がコロナ禍の影響を大きく受けずに済んだ理由はここにあります。

 

弊社パーソナルトレーナースクールが提携するジム様から、この影響について直接お伺いしたところ、

 

お客さまからは

  • 「パーソナルジムだからこそ、不特定多数の人の出入りがないので安心してトレーニングできる」
  • 「お客さま1人1人のアルコール消毒などトレーナーの細かなコロナ対策が安心」

といった声をいただいています。

 

もちろん多くのお客さまが通う、スポーツクラブやフィットネスクラブでもコロナ対策は行っております。

 

しかしいくら対策をしても、多数の人が通うスポーツ施設ではどうしても一人一人のお客さまの動きを管理するのが難しいところです。

 

その点パーソナルトレーニングジムはお客さまのジム内での動きが管理しやすく、ジム内のスタッフでもコロナ対策が可能です。

 

そしてこれがお客さまへの安心感を生み出し、コロナ禍で1度は休会したお客さまでも「またパーソナルトレーニングを再開したい」と戻ってこられる方が多くいらっしゃる理由の1つです。

 

多くのお客さまが通うフィットネスクラブやスポーツジムと比較すると、1対1のマンツーマン形式の業態(マイクロジム)だからこそ、コロナ禍でも対策の余地があるのがパーソナルジム経営の利点であると言えます。

 

業界の将来性

 

 

コロナを抜きにしてもパーソナルトレーニング業界の将来性はどんなものなのでしょうか?

 

トレーナースクールを運営する弊社の見解は、今後も成長する業界であると考えております。

 

この大きな理由として日本の高齢化社会が関係します。

 

 

「体にトラブルを起こす高齢者人口の増加に対して、医療従事者の数が追いつかないのでは?」という問題が取り上げられています。

 

そこで「体が不調を起こす前に治す」予防医療が年々、注目されつつあります。

 

パーソナルトレーナーはダイエットだけでなく、お客さまが体に問題を起こす前に気づける立場にいる職業です。

 

ダイエットだけでなく、肩こり、腰痛などといった「疼痛改善」「コンディショニング」ができるトレーナーは高齢者が増え続ける日本において、今後も将来性を期待できる業種と考えることができます。

 

ただこれを逆に見れば、ダイエット指導しかできないトレーナーの将来性は厳しいものであると捉えることもできます。

 

ジム開業のさらに先を考えた場合、「お客さまの体の不調をいち早く気づき、症状が出る前に対処できる」トレーナーを育成することもジム経営者には求められる視点と言えるでしょう。

 

まとめ

 

いきなり開業のリスクが負えないといった人は、レンタルジムを活用してフリーランスから始めてみるのもいいでしょう。

 

ジム開業に向けてパーソナルトレーナーとしてのスキルを身に着けたい。そんな方はお気軽に2ndPASS(セカンドパス)パーソナルトレーナースクールにお問い合わせくださいませ。

 

無料オンライン相談会受付中!

無料でまずは2ndPASSに相談してみる

 

※「すぐにでもジム開業をしたい」そういった方に向けた「独立開業コース」が2021年12月にスタートします。気になる方はお問い合わせの自由記入欄にて「独立開業コースが気になる」とひとこと記載をお願いします。


2ndPASSは日本最大の
パーソナルトレーナースクールです。

未経験の方でも確実に即戦力のトレーナーになれる!
受講を迷ってる方もまずは一度、無料相談・無料見学にお越し下さい。

月々25,100
から受講できる

就職・独立実績
業界No.1

トレーナー輩出数
国内最多の1000名以上

無料見学・体験予約・各種お問い合わせ

矢印

2ndPASSについてもっと知りたい方