公開日:

健康運動実践指導者とはどんな資格?トレーナーが知るべきポイント

業界情報 資格

健康運動実践指導者の資格がフィットネス業界でどのように活用されているか、また、健康運動指導士や他のトレーナー資格との違いを解説します。

フィットネス業界でキャリアを考えるとき「数ある資格の中から自分にピッタリなものがわからない」と感じることは少なくありません。

パーソナルトレーナーにとってどのような意味を持つのか、そして他の資格と比較してどのような特徴があるのか解説します。

資格選びの悩み解消し、あなたのキャリアに最適な選択ができれば幸いです。

年間300名以上のパーソナルトレーナーを育成する2ndPASSパーソナルトレーナースクールが解説します。

健康運動実践指導者資格の概要

健康運動実践指導者の資格は、公益財団法人日本健康・体力づくり事業団によって発行されています。

この資格は、一般の人々への健康促進と運動指導を目的とし、同じ団体の発行する健康運動指導士とは別の資格です。

健康運動実践指導者は、パーソナルトレーナーとしての直接的な職務に特化しているわけではありませんが、フィットネスや健康業界で専門性を高める資格です。

この資格を持つことで、より広範な健康サポートを目指し、様々な健康プログラムの設計や実施に関わることが可能になります。

資格の目的

健康運動実践指導者は、日常生活の中で健康を維持・向上させるための運動プログラムの設計と実施を専門とします。

これには、個々の健康状態やニーズに応じた運動指導が含まれます。

また、広義の健康支援としての役割も担い、一般市民を対象とした健康教育や運動推進活動にも携わることができます。

健康運動実践指導者の資格を活かせる仕事

健康運動実践指導者の資格は、フィットネス施設のトレーナー、リハビリ施設での運動指導、教育機関での運動プログラムなど、多岐にわたる環境で活用できます。

健康運動指導士との違い

健康運動実践指導者は、健康運動指導士と比較して、より実践的な運動指導に重点を置いています。

健康運動指導士が理論や計画立案に関する知識を深めるのに対し、健康運動実践指導者は具体的な運動実技の指導能力が求められ、その訓練と評価がカリキュラムに含まれています。

健康運動実践指導者の資格を取得するには?

健康運動実践指導者の資格取得には、特定の大学や専門学校で提供される専門的なカリキュラムの受講が必要です。

これらの教育機関は、実践的な運動指導技術と広範な理論知識を提供します。

受講資格

この講習会を受講するためには、次のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  1. 体育系の短期大学、専修学校(2年制)、または同等以上の学校の卒業者(卒業見込み含む)。

  2. 3年以上の運動指導経験がある者。

  3. 運動指導に関連する資格を持つ者(例:健康運動指導士、各種スポーツコーチ認定、パーソナルトレーナー資格など)。

  4. 健医療関連資格を持つ者(例:看護師、理学療法士、栄養士など)。

  5. 学校教育関連資格を持つ者(例:教員免許)。

教育プログラムと講習のスケジュール

この資格を目指す学生は、公認の教育機関で体系的なトレーニングを受けます。

カリキュラムは、運動生理学、栄養学、健康科学をはじめ、効果的な運動プログラムの設計と実施に必要な知識を広範にカバーしています。

養成講習会は合計で9日間、全33単位が必要で、1日の講義は5講義、時間は朝9:00から夕方18:15までとなっています。

試験の内容

資格取得には、筆記試験と実技試験の両方をクリアする必要があります。

  • 筆記試験では、健康運動の理論知識が試されます。

  • 実技試験では、具体的な運動指導能力が評価されるため、様々なシナリオに基づく指導が行われます。

更新と継続教育の要件

健康運動実践指導者は5年ごとに更新が必要で、更新には継続教育講座の履修が求められます。

これにより、最新の運動科学と健康管理の知識が常に更新され、資格保持者が専門性を維持できるようになっています。

このプロセスを経て、健康運動実践指導者としての資格を取得し、多様な職場で専門的な運動指導を行うことが可能になります。

他の健康・フィットネス関連資格との比較

パーソナルトレーナー資格との違い

パーソナルトレーナー資格は、独学でも取得が可能で、特定の教育機関でのカリキュラム受講を必須としません。

社会人でも働きながら取得でき、キャリアを柔軟に構築することが可能です。

未経験からパーソナルトレーナーに転職を考えている場合であれば、健康運動実践指導者ではなく、パーソナルトレーナーの民間資格がオススメです。

スポーツトレーナー国家資格との違い

スポーツトレーナーの国家資格は、スポーツ選手のパフォーマンス向上や怪我の予防およびリハビリテーションを支援する専門的な知識と技術を提供します。

この国家資格は、競技レベルでの専門性が求められ、教育機関での専門的な学習と実地の研修が必須です。

これに対して、健康運動実践指導者資格は一般市民を対象にした健康増進と生活習慣の改善に焦点を置いています。


この記事を書いた2ndPASSパーソナルトレーナースクールでは完全未経験の方でも実技と資格の習得をし、さらに就職までサポートしています。

✅ 完全未経験からでも資格&実技スキルを習得
✅ あなた専属のコーチが就職・独立サポート
✅ 就職できる提携ジムは1600店舗以上
✅ 卒業後も続くキャリアサポート


無料カウンセリングも行なっているのでお気軽にご相談ください。


資格が活かせる職種とキャリアパス

健康運動実践指導者の資格は、多岐にわたる職種でのキャリア構築に役立ちます。

フィットネスクラブ、病院、リハビリセンター、企業のウェルネスプログラムなど、様々な場での役割を担うことができます。

フィットネスクラブでの役割

フィットネスクラブでは、一般の利用者に対する運動プログラムの提供やパーソナルトレーニングサービスに関わることができます。

健康運動実践指導者は、クライアント一人ひとりの体力や健康状態に合わせた運動指導を行い、運動による健康増進をサポートします。

病院やリハビリセンターでの役割

病院やリハビリセンターでは、患者のリハビリテーションプロセスの一環として運動療法を担当します。

特に手術後の回復支援や慢性疾患管理において、適切な運動計画の立案と実施が求められます。

この資格を持つことで、患者一人ひとりの状態に合わせた専門的なアドバイスが可能になります。

企業のウェルネスプログラムでの役割

近年、企業における従業員の健康管理が重視されており、企業内でのウェルネスプログラムの企画や運営に関わる機会も増えています。

健康運動実践指導者は、従業員の健康維持やストレス管理を目的とした運動プログラムを設計・実施し、職場全体の生産性向上に貢献します。

キャリアアップの機会と将来性

この資格を持つことで、フィットネスや健康業界での専門性を高めることができ、さらには店舗のマネジメントや社内でのトレーナー育成の立場に昇進することも可能です。

健康運動実践指導者としての経験を積むことで、専門的な知識や技術をさらに発展させ、広い範囲での職務展開が期待できます。

健康運動実践指導者の資格はどんな人におすすめ?

健康運動実践指導者の資格は、フィットネス業界でのスキルアップを目指す人にとって有益な選択ですが、全ての人に推奨されるわけではありません。

おすすめできない人

完全未経験の人にはこの資格はおすすめできません。

受験資格が特定の要件に限定されているため、体育系の学校を卒業しているか、既に何らかのフィットネスや運動指導の資格を持っていなければ、受験できないからです。

健康運動実践指導者資格を受験する前には、これらの基本的な条件を満たしている必要があります。

おすすめできる人

既にフィットネス業界で働いていて、さらに専門性を高めたいと考えている人には、この資格の取得を検討する価値があります。

健康運動実践指導者の資格は、より高度な運動プログラムの設計や実施知識を身につけることができ、職場での責任や役割を拡大するのに役立ちます。

その他のオプション

未経験からトレーナーとしてのキャリアを目指す場合、パーソナルトレーナーの民間資格を取得する方がアクセスしやすいでしょう。

これらの資格は比較的入手しやすく、特定の教育背景を必要としないため、キャリアを新たに始める人に適しています。

このように、健康運動実践指導者の資格は、既にある程度の基礎を持つ者や、専門性をさらに深めたいと考えている業界のプロフェッショナルに適しています。

自身の現状とキャリアの目標を考慮した上で、最適な資格取得の道を選ぶことが重要です。


パーソナルトレーナーの資格は独学で取得可能?10種類で徹底検証

パーソナルトレーナーになるには?資格・スキル・経験のすべて


まとめとアクションプラン

健康運動実践指導者の資格は、フィットネス業界で専門性を深めたい既存のプロフェッショナルにとって有益です。

この資格を通じて、より高度な運動プログラムの設計や実施に関わることができ、職場での責任や役割が拡大し、キャリアの新たな道が開けます。

興味がある読者への次のステップ

健康運動実践指導者の資格に興味がある方は、公式サイトで更に詳しい情報を得ることが推奨されます。

ここから資格の詳細、受験資格、教育プログラムについて学ぶことができます。

また、未経験からパーソナルトレーナーへの転職を目指す方には、パーソナルトレーナー専用の民間資格を取得することをおすすめします。

この記事を書いた2ndPASSパーソナルトレーナースクールでは完全未経験の方でも実技と資格の習得をし、さらに就職までサポートしています。

✅ 完全未経験からでも資格&実技スキルを習得
✅ あなた専属のコーチが就職・独立サポート
✅ 就職できる提携ジムは1600店舗以上
✅ 卒業後も続くキャリアサポート


無料カウンセリングも行なっているのでお気軽にご相談ください。

WRITER 戸田 明宏

2ndPASSスクール/編集部/Webディレクター

保有資格:NESTA-PFT、NESTA-WMT

Webディレクター:Web広告、SEO、ホームページ集客

2ndPASSスクールではホームページ運用やサイト制作を、主に卒業後の生徒に向けてサポート

この記事を見た方はこちらも見ています

資格・就職・独立、
業界情報をもっと見る


2ndPASSは日本最大の
パーソナルトレーナースクールです。

未経験の方でも確実に即戦力のトレーナーになれる!
受講を迷ってる方もまずは一度、無料相談・無料見学にお越し下さい。

月々26,900
から受講できる

就職・独立実績
業界No.1

トレーナー輩出数
国内最多の1000名以上

2ndPASSについてもっと知りたい方

無料カウンセリング 資料請求